menu(メニュー)招待コードクーポン+ウーバーイーツ他4アプリを比較してみた。

!最新情報・攻略
この記事は約7分で読めます。

【2020最新】デリバリー&テイクアウトアプリ「menu(メニュー)」の友達紹介クーポンコードはコチラ

◆menu(メニュー)招待URL(こちらから登録でクーポンが自動付与されます)

 

◆menu(メニュー)の招待クーポンの特典内容(合計2000円分)

1500円以上の注文で使えるデリバリー1000円オフクーポン×2枚

※デリバリーとテイクアウトでクーポンが別なので注意(わかりにくい…)

「90%オフ(最大1000円オフ)」「テイクアウト100円オフクーポン×10枚」は古いクーポンなので注意!2020/9/1以降は上記の特典に変更になってます

 

◆招待クーポンの獲得方法

①招待URLからアプリをダウンロード

②インストール時にクーポンコードを入力する画面が表示されても空欄のままでOK(自動付与されるので)

③入力欄に別のクーポンコードを入れて上書きも可能(現状は招待クーポンよりも有利なクーポンコードは配布されてないようですが)

※クーポンが自動配布されるまで少し時間がかかる現象が発生している模様。しばらく待ってからアプリ
再起動しましょう~

 

◆「もうアプリをインストールしちゃったよ~!」って人は?

「マイページ」の「クーポンコード入力」から後からでも適用できるので大丈夫。その場合は入力欄に以下のクーポンコードを入力


 

デリバリー&テイクアウトアプリ「menu(メニュー)」も、ウーバーイーツと合わせて非常に人気になってきてますね~。

招待クーポンを有効活用してお得に使っちゃってください!

 

さらに、デリバリーを月20回以上使ってるヘビーユーザの筆者が、「menu(メニュー)」「Uber Eats(ウーバーイーツ)」「Chompy(チョンピー)」「PICKS(ピックス)」を完全比較してまとめてみました

どれを使おうか迷ってる人は、参考までに読んでみてください!

 

 

【結論としてはコレ】「menu(メニュー)」「Uber Eats(ウーバーイーツ)」「PICKS(ピックス)」「Chompy(チョンピー)」を比較

引用元:menu (iOSアプリ)

 

最初に結論だけ書いちゃうな。

menuはUber Eatsに比べて、配送手数料が割高

だが、定額サブスク使うなら「Eatsパス」より「menuパス」のが配達が安い・お得

対応店舗はUber Eatsが多く、menuはやや劣る(特にファストフード系がmenuは弱い、逆にマイナーな店はmenuのが多い印象)

menuもUber Eatsも基本的に都会じゃないと店舗激減。特にmenuは東京23区に偏ってる印象

Chompyはさらに狭く渋谷近辺でないと使えない。私もまだ使えてないので使い勝手は不明(笑)。早くエリア拡大して!

配達の品質・スピードは大差ない

テイクアウトなら使いやすさでも店舗数でもmenu>PICKS

クーポンのお得感は、menu>Uber Eats>PICKS

結論

デリバリーで月1~2回使うなら「Uber Eats」

デリバリーで月3回以上使うなら「menu」(※menuパス利用)

テイクアウトなら現状「menu」一択

田舎に住んでる人はデリバリーアプリを使うことは諦めて!

 

結論的には以上。

「menu(メニュー)」の特徴の詳細については、後述で書きます。

 

他のデリバリーアプリについては別記事で詳しくレビューしてるので読んでね。

基本的にUber Eats、Chompyはデリバリー専門アプリで、PICKSはテイクアウト専門アプリ。デリバリーもテイクアウトも両方攻めてるのはmenuのみです。

ウーバーイーツで20回注文してみた結果。。外国人配達員多い。評判+最新クーポンコードまとめ。
登録する前に読まないと損するよ?実際に使いまくってみた。Uber Eats(ウーバーイーツ)は安全安心に使えるのかどうか?。 自宅で待っているだけで、近所の有名店・マクドナルドなどのファストフードなどの外食を楽しむことがで...
Picks招待クーポンコード(2020最新)。テイクアウト注文時の注意点は?改悪かよ!
もう外食で並ばない!「PICKS(ピックス)」初回注文で、すぐ使える600円分の友達紹介クーポン配布中! まだ出来たばかりで知名度も低いのですが、おいしいテイクアウト料理をスマートに受け取りできる「Picks(ピックス)」...
出前サイト(フードデリバリーサービス) 5社徹底比較。最低注文金額と対応地域に注意が必要!
美味しい外食を手軽に注文&宅配!「フードデリバリーサイト/デリバリーアプリ」5サービスを比較してみました。 ウーバーイーツが話題になったこともあり、出前サイト(フードデリバリーサイト)が注目を浴びています。 実は私も...

menuのクーポン獲得

menu(メニュー)招待URL(こちらから登録でクーポン自動付与)

menu(メニュー)の招待クーポンの特典内容(合計2000円分)

1500円以上の注文で使えるデリバリー1000円オフクーポン×2枚

 

 

デリバリーの配送手数料が定額980円/月額になるサブスクリプション。「Eats パス」と「menu パス」を比較。

引用元:menu (iOSアプリ)

 

フードデリバリーは魅力的だけど、配達料高いんでしょ?」って人も多いと思います。

配送料で割高になるのを理由に使わない人も多そうだしね。

 

そんな中で、月980円で配達が何度でも無料になるUber Eatsの「Eatsパス」が話題になってます。menuにも「menu pass」という似たシステムがありますが、以下のとおり少し仕組みが違います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の「Eats pass」

月額980円。初回30日間は無料でお試しできる

いつでも解約可能

【特典①】1200円を超える注文の場合、配送手数料が0円になる

menu(メニュー)の「menu pass」

月額980円。初回30日間は無料でお試しできる

いつでも解約可能

【特典①】無条件で基本配達料の300円が無料になるが、距離に応じて加算される追加配送料はかかる

【特典②】1500円以上のデリバリーの場合、商品代金が5%引きになる

【特典③】毎月500円~1万円の特別クーポンがもれなく当選する

 

注意すべき点は、「Eatsパス」は1200円を超えると配送料(概ね100円~500円の店舗が多い)は無料になるが、1200円以下は1円も割引されません。

一方で、「menu パス」は条件によらず基本配達料300円が無料になるが、常に追加配送料はかかります(概ね350~550円の店舗が多いので、50~250円の追加部分は支払う必要がある)。

 

なお、同じ定額制でも、【特典②】【特典③】がある分、menuのがお得です。

シェアとしても認知度としても、おそらくウーバーイーツの方が圧倒していると思われるので、menuはウーバーイーツよりお得な条件で出さないと勝負にならないということでしょうね。

人気と話題性を上手く使って殿様商売してやがるな、ウーバーイーツめw

 

というわけで、今後はわからんですが、現状としてはガッツリとデリバリーアプリを使い倒したい人は、menu(メニュー)の「menu pass」を選んだ方が良いと思いますぜ。

 

 

その他のmenu(メニュー)の特徴。ベースの配達料は割高、テイクアウトは強い。

引用元:menu (iOSアプリ)

menu(メニュー)はアプリが非常に使いやすいのがいいですね。特にヘッダーメニューで「和食」とか「丼もの」とかで簡単に絞り込めるのがいいです。

 

引用元:menu (iOSアプリ)

ただし、前述したとおり、ベースの配達料は割高です(↑だいたい350~550円が多く、ウーバーイーツで見かける配達料50円~150円の店舗はありません)。

「menu パス」や「豊富なクーポン」を使い倒すことで非常にお得になりますが、単発で頼む人はウーバーイーツのが良さげです。

 

引用元:menu (iOSアプリ)

ちなみに、テイクアウト機能も、↑みたいな地図で探せて便利。

店舗数的にも使いやすさ的にもPICKSより良いと思います。昔はPICKSは招待ポイントが非常にお得だったのでメリットあったけど、今は改悪されちゃったからね。

 

以上!

ウーバーイーツばかりが話題になってるけど、他にも似たサービスはあるし、日本の企業も追随していってます。

自分にあったデリバリーサービスを見つけてね!

menuのクーポン獲得

menu(メニュー)招待URL(こちらから登録でクーポン自動付与)

menu(メニュー)の招待クーポンの特典内容(合計2000円分)

1500円以上の注文で使えるデリバリー1000円オフクーポン×2枚