ネットショッピングでポイント二重取りなら、『ハピタス』経由にすべきたった1つの理由。

知らないとネットでの買い物で損しますよ? 私はポイント2重取りで使うポイントサイトは、いつもハピタスを選択しています。ネットショッピングに最適!

私はとてもたくさんの色々なポイントサイトに登録してますし、案件をこなす場合は少しでも稼げるように、一番獲得ポイント数が高いポイントサイトを調べたりしてます。

 

ただ、ポイントの還元率だけがすべてというわけではないんです。

ポイントサイトは世の中にたくさん溢れていますけど、それぞれのポイントサイトにも色々と特徴・個性があって、

友達紹介に向いているポイントサイト(紹介での一時金、ティア制度が優れている)。

特定の案件のこなすのに向いているポイントサイト(特定の案件・広告のポイント還元率が極めて高い)。

無料ゲームで稼ぐのに向いているポイントサイト(無料ゲームがたくさんある、稼げるゲームがある)。

際立った特徴が無いけど、総合的にいろいろできるポイントサイト(クラウドソーシング、ライティング、タイピング、アンケートなど多角的なコンテンツで稼げる)。

などなど、いろいろあると思うのです。

要は、個人の求めているもの次第・使い方次第ってことですね。

 

そして、私の場合、「ネットショッピング」に限るなら、必ず「ハピタス」経由にするようにしているんです。

「高い還元率」/「高い反映率・承認率」/「使い勝手の良さ」を考えると、ポイントサイト経由で楽天・YAHOOショッピングなどの有名なショッピングサイトで買い物するなら、他の選択肢はないですね。

 

ここで言う、「ネットショッピング」は、ポイントサイトで、「購入額に対して%還元される案件」のことです。

もはや、ネットでの買い物でポイントサイトを経由するのは当たり前ですし、ポイントサイトを経由しない場合、無駄なお金を余計に払っているようなものですね。

 


「ポイント二重取り」とは、ポイントサイトを経由してショッピングサイトを利用することで、「ポイントサイト側」と「ショッピングサイト側」の両方でポイントを獲得することです。

例えば「楽天で年間10万円の買い物」をしているとします。

1%が楽天ポイントで還元されているので、1000円(1000ポイント)の還元を受けることができます(還元率が上がっている商品の購入やキャンペーン利用しているならもっと貯まりますけど)。

ポイントサイトを経由しない場合、ポイント獲得は上記のみです。

しかし、ハピタスを経由して楽天を利用すると、さらに1%にあたる1000円(1000ポイント)がハピタスのポイントとして還元されるわけです。

使い方も簡単です。ハピタスのサイトの「ポイントを貯める」ボタンをクリックすると、楽天のサイトに移動するので、そのまま買い物するだけです。

20160828_hapitas1

引用元:ハピタス http://hapitas.jp/

 

なぜ、このようなことが可能なのかといいますと、楽天がハピタスに販売促進のための広告費・宣伝費を支払っているためです。

ハピタスを経由することでポイント2重取りできるのは、楽天が支払っている広告費の一部を還元しているわけですね。

当然この宣伝広告費は、俯瞰的に見れば商品価格に転嫁されているわけですから、ポイントサイトを経由して回収しないと損なわけですね。

 

普段からネットショッピングを利用している場合、ポイントサイトを経由するだけで、還元ポイントを劇的に増やすことができます。

大変お得ですよね!(^◇^)


ハピタスから利用できるショッピングサイト一覧。

【2016/08/28現在】例えば、以下のショッピングサイトなどで利用できます(一例です)。

楽天市場、ヤフオク、Yahoo!ショッピング、LOHACO(ロハコ)、ニッセン、ポンパレモール、ベルメゾンネット、ベルーナ・・・などなどの有名ショッピングモールはもちろん、対応サイト数もピカイチです!

ABC-MART.net(1.10%)

ASUS Shop(1.20%)

auショッピングモール(2.50%)

DELL(4.80%)

DeNAショッピング(デナショ)(1.80%)

DHCオンラインショップ(6%)

DoCLASSE(4%)

eBEST(イーベスト)(0.50%)

e-CAPCOM(1.20%)

FOREVER 21 Japan(0.60%)

Francfranc ONLINE SHOP (フランフラン オンライン ショップ)(0.60%)

GAP(4%)

GROUPON(グルーポン)(6.80%)

HMV ONLINE/エルパカBOOKS(1.20%)

honto電子書籍ストア(3%)

HP Directplus オンラインストア(1.20%)

iTunesストア(4.20%)

JALショッピング(1.50%)

JALパック(国内パッケージツアー)(0.50%)

JTB 海外ツアー(1.80%)

JTB 海外航空券、現地ツアー(0.90%)

LANCOME(ランコム)(6%)

LCラブコスメ(5%)

Lenovo/レノボ公式オンラインストア(3%)

LOHACO(ロハコ)(1.50%)

MicrosoftStore(マイクロソフトストア)(3%)

nojima online(ノジマオンライン)(0.60%)

Oisix産直おとりよせ市場(3.50%)

RyuRyu(5.50%)

sekaimon(セカイモン)(1.20%)

ShopJapan(ショップジャパン)(12%)

Sony Music Shop(1.20%)

UNITED ARROWS LTD. ONLINE STORE(1%)

Yahoo!ショッピング(1%)

Zoff Online Store(2.50%)

ZOZOTOWN(1%)

あきゅらいず(12%)

アディダスオンラインショップ(0.60%)

アテニア(1.60%)

アニメイトオンラインショップ(1%)

アマノフーズオンラインショップ(2.50%)

アルク(1.80%)

アンダーアーマー(3%)

イオンショップ(1.20%)

イオンスタイルファッション(1%)

イオンリテールファッションショップ(1.20%)

イトーヨーカドーネット通販(2.40%)

ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ(24%)

エクスペディア 海外・国内航空券(0.60%)

エレコムダイレクトショップ(3%)

おとなの週末お取り寄せ倶楽部(1.70%)

カスペルスキー・オンラインショップ(9%)

キューサイ公式通販ショップ(5%)

キリン オンラインショップ DRINX(7.50%)

くまポン(クーポン購入)(2.50%)

ゲオEショップ買取センター ゲーム・DVD・CD(9%)

ケンコーコム(3.60%)

こどもと暮らし(3%)

コメリ・ドットコム(1.80%)

コメ兵オンラインストア(0.50%)

サンドラッグ.com(0.60%)

サントリーウエルネスオンライン(6%)

サンプル百貨店 (ちょっプル)(0.50%)

サン宝石(7.50%)

シーボン.オンラインショップ(3%)

シマンテックストア(10%)

ジャパネットたかた メディアミックスショッピング(1.80%)

じゃらんnet(2.40%)

じゃらんパック(1%)

スーツのAOKI公式オンラインショップ(4.50%)

セシール(2.40%)

セブンネットショッピング(2%)

そとあそび(0.50%)

ソニーストア(0.60%)

ソフマップ・ドットコム 買取り(1.20%)

ソフマップ・ドットコム(1.20%)

ダイレクト・テレショップ(4%)

タカラトミーモール(1.20%)

たまひよSHOP(1.20%)

ディノス オンラインショップ(0.60%)

ドミノ・ピザ(2.40%)

なんでも酒やカクヤスネットショッピング(1%)

ニッセン(3%)

ネイチャーズウェイオンラインショップ(3%)

ネイルサプライ(3.50%)

ネットプライス(3%)

ハイアール・オフィシャル・ストア/Haier Official Store(2.50%)

はじめての酵素玄米(5.50%)

パソコン工房(1.20%)

ハニーズオンラインショップ(4.60%)

ハピタス堂書店 by eBookJapan(7%)

ハンコヤドットコム(5.50%)

ひかりTVショッピング(1.20%)

ピザーラ(3%)

ピザハットオンライン(3%)

ビックカメラ.com(1.20%)

ファンケルオンライン(1.80%)

フォリフォリ(2.80%)

ブックオフオンライン(1.20%)

ブルックスブラザーズ(3%)

ブロッコリー オフィシャルストア(1.80%)

ベルーナグルメショッピング(1%)

ポンパレモール(0.60%)

マウスコンピューター/G-Tune(3%)

マカフィー・ストア(5.50%)

マツモトキヨシ(4.60%)

ミトヨフーズ(2.70%)

みんかぶSHOP(みんなの株式)(2.70%)

モバオク(1%)

ヤマダ電機の総合ショッピングモール「YAMADAモール」(ヤマダモール)(0.50%)

ユーキャン(2%)

ユニクロオンラインストア(0.60%)

ラクスル(6%)

リーブ21直販(11%)

レコチョク(1.20%)

ワコール(1.20%)

一休.com (ホテル・旅館予約)(1.10%)

一休.comレストラン(1.10%)

楽天Kobo電子書籍ストア(3.50%)

楽天オークション(1.20%)

楽天デリバリー(2.80%)

楽天トラベル(ANA 楽パック、海外DP、JAL 楽パック、JR 楽パック)(1%)

楽天トラベル(国内宿泊、海外航空券、インバウンド、海外ホテル)(1%)

楽天ネットスーパー(0.50%)

楽天ブックス(2%)

楽天市場(1%)

楽天写真館(5%)

紀伊國屋書店ウェブストア(2%)

阪急百貨店オンラインショップ(2%)

三越・伊勢丹オンラインストア(1.20%)

山田養蜂場(12%)

新 なでしこ健康生活(3.60%)

西友ドットコム(0.60%)

雪印メグミルクダイレクトオンラインショップ(6%)

洗濯代行どっとねっと(3%)

全国書店ネットワーク e-hon(1%)

爽快ドラッグ(1.20%)

大丸・松坂屋通信販売 DMall.jp(1.50%)

大丸松坂屋オンラインショッピング(2%)

電子書店パピレス(6%)

電子貸本Renta!(6%)

東急ハンズ ネットストア(1%)

東急百貨店オンラインショッピング(2.80%)

東京ガールズコレクション公式通販サイト「SHOPLIST.com by CROOZ」(9%)

日本最大級の靴のネット通販 ロコンド.jp/Locondo.jp(3.60%)

宝酒造 こだわり酒蔵(3%)

宝島社ストア(0.60%)

漫画★全巻ドットコム(2.80%)

洋服の青山(3%)

 

ちなみに、私はもうハピタス経由でかなり買い物してます(^^♪。

「有効判定回数42回」とかになってます(全部買い物)。

登録している全ポイントサイトの中でも、一番使ってる部類に入ります。

もうネットで買った方が安かったりする場合も多い時代ですし、配送無料で届けてくれるサイトも多くて楽ちんですし。

20160113_hapitas_shopping2

 

 

「ハピタス」がショッピングに向いているたった1つの理由。それは、安心感・安全性(承認率・通帳反映率の安定感)で評判・評価されている点です。

ポイントサイトで案件をやる場合、高ポイント・還元率だけを意識しがちですが、もう1つ大事なポイントとして、承認率・通帳反映率があります。

 

あまり大きな声では言えませんが・・・・。

どこのサイトとは言いませんが、ポイントサイトによっては、以下のような問題が発生することがあります。

 

悪質なポイントサイトだと、案件・広告・買い物などをこなしても、通帳に反映されないことがある。

ポイントサイトでのポイント獲得の流れとしては、「案件・広告・買い物などを行う」→「予定通帳に反映される」→「承認後にポイントを獲得」→「換金」となります。

ポイントサイトによっては、うまく予定通帳に反映されないことがあるんですよ・・・。

ほとんどはポイントサイト自体のシステム上の問題と思われます(中には悪質・危険なサイトもあって意図的にやっているケースもあると思いますが)。

案件を利用したかどうかの判定は、クッキーなどを使っているので、使い方・仕組みによっては、うまく反映されなかったりするケースがあるわけです。

 

危険なポイントサイトだと、通帳反映されても、承認で「却下」されてポイントが入らないことがある。

広告主側が悪質で、承認を渋っているケースもありますが、承認条件を記述が不足していたり、意図的に間引いていたり、ポイントサイト側に問題があるケースがほとんどと思われます。

 

ちなみに、ほとんどの優良ポイントサイトは上記のような問題が起こっても、「問い合わせ」するとちゃんと対応してくれます。

(一部、ちゃんとやってくれない悪質ポイントサイトもありますがw。)

 

なので、ほとんどの場合は、問題ないのですが、

普段から、よく使うネットショッピングとかは、わざわざ毎回問い合わせてなんていられないですよね?

めんどくさい!w

今時、ネットショッピングなんて当たり前なわけなんですから、いちいち問い合わせてられません。

 

「お買い物あんしん保証」のハピタスなら反映率・承認率100%。安心して利用できます。

私が「ハピタス」を使う理由はここにあります。

「ハピタス」は承認率・通帳反映率が安定しています。

「お買い物あんしん保証」なんて制度をかかげているくらいですから。

20160113_hapitas_shopping

引用元:ハピタス http://hapitas.jp/

 

私は40回以上、「ハピタス」経由で買い物してますが(楽天とか)、全部ちゃんとポイント獲得に至っています。

 

ポイント2重取りの「購入額に対して%還元される案件」は、ポイントサイト間で還元率に差が付きにくいです。

それならば、安全・安心感を取るのは当たり前ですよね?

 

 

ハピタスでのポイントの貯め方・換金・特徴・攻略まとめ。

ハピタスは「日本のお買い物をもっと楽しく。」のスローガンの株式会社オズビジョン(設立:2006年5月26日 / 資本金:3,000万円)が運営しています。

もともとは、「ドル箱」というサイトでしたが、2012年に「ハピタス」にリニューアルされ、お買い物の還元率・保障に特化したポイントサイトに生まれ変わりました。

 

ハピタスでのポイントの貯め方。

余計なコンテンツは少ないので、基本的にショッピング・サービスの利用で貯めるポイントサイトです。広告還元率はかなり高い方ですし、保証面で安心して活用できます。

中には「100%ポイント還元」案件もあります。購入金額の100%のポイントが還元されるので、実質タダで商品を購入できてしまう超お得案件です。

友達紹介制度も良いです。ブログなどを運営されている方でしたら、ブログで紹介することで、ハピ友からのティア還元ポイントをかなり稼ぐことができます。

唯一のゲームコンテンツ「ハピタス宝くじ」は効率よくポイントを獲得できるので、毎月参加するのが推奨です。

ハピタスでのポイントの換金方法。

ポイント交換先も豊富に用意されています。(^◇^)。

交換レート:1ポイント=1円、手数料無料で、最低交換額300円から毎月3万円まで換金できます。

Amazonギフト券

iTunesギフト

nanacoギフト

楽天Edy

Web Money

Bit Cash

Pexポイント

NetMile

ちょコムポイント

Mobageモバコインカード

ドットマネーギフトコード

各種銀行/信用金庫/ゆうちょ銀行振り込み

ハピタス堂書店

ハピタス攻略!注意すべき点。

毎月の「毎月ハピタス宝くじ」は月初にすぐに宝くじ券を交換すること。人気すぎてすぐに売り切れるので、月末だと宝くじに交換できない場合があります。

余った宝くじ券は「毎日ハピタス宝くじ」に交換する。ただし、翌月以降に「毎月ハピタス宝くじ」を上限の200枚まで買う分は残しておく。

換金は毎月3万円(30000ポイント)までしか換金できないという制約があるので、毎月必ず換金すること(←これが現状のハピタスの唯一の欠点・弱点です。)。

月3万くらいすぐに稼げてしまうので、余った分は「ハピタス堂書店 by eBook Japan」で電子書籍を購入するのがオススメです。

毎日ログインして、トップページ下部バナーのクリックポイントと宝くじをゲットしておくとさらにベターです。

PEX、ドットマネーを経由すればANAマイルに変換することもできます。マイラーの方にはハピタスは人気です。

 

 

目立つところはなくて地味な子ですけど、超優良ポイントサイトなんです。ブログ・SNSなどでの口コミも◎。

ちなみに 私の独断と偏見に溢れたこちらのランキング記事でも、「ハピタス」は5位に入賞させていただきましたw。

 

ポイントサイトの中でも、還元率は一番とは言えないかもですが、トップクラスに入ることは間違いないですし、「ハピタス宝くじ」も効率を考えると、かなりポイントになる優良コンテンツです。

 

地味になってしまう理由は、「ハピタス宝くじ」以外のゲームやアンケートなどの、遊び系コンテンツが圧倒的に少ないことですかね。

どこのポイントサイトも、外部提供のゲームとか1円アンケートとか、今は無料ゲームコンテンツがどんどん増えてますから。

ゲームがしたい人には「ハピタス」は向いてないかもしれません。

 

一方、ハピタスはゲームなどの客寄せコンテンツよりも、案件利用の促進とそれに対する手厚い保障に投資しているポイントサイトということです。

普段使いの買い物など、実用性重視のポイントサイトということですね。

「ハピタス」の登録はこちら!

普段ネットショッピングする人なら、「ハピタス」経由が推奨です!。

もう、ネットショッピングにポイントサイト経由しないとかありえないですよ!。

こちらの特別リンクからの登録なら、30ptのオマケがついてきます。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

自適猫
紹介

自由気ままに猫のように頑張っております。 残業は基本ゼロ。有給休暇は完全消化。猫と庄屋に取らぬはない。 趣味と副業・サイドビジネスに猫まっしぐら! お小遣いサイトや商材や競馬や自作ソフトのレビューもやりますo(*^▽^*)o

カテゴリー: ハピタス, ポイントサイト タグ: , , , ,

アーカイブ