.

仮想通貨取引所比較一覧2018年版。アクセス数で8社の人気度・評判を調査。ビットコインどこで買う?

【2018/10/07最新版】仮想通貨取引所どれがいい?どこで買う?実際にアクセス数が多い「本当の評判人気取引所」を調べてみた。

記事内容は著者の主観です。仮想通貨にはリスクがありますので自己責任で投資ください。本記事の情報は【2018/10/07】時点のものです。

 

仮想通貨(ビットコイン/アルトコイン)投資は一般的な存在になってきています。一時期ほどのブーム・高騰はありませんが、少しづつ社会に馴染んできている感じがします。それにつれて、仮想通貨取引所も増えてきましたし、不祥事を起こす会社も…。これも世の中が仮想通貨やビットコインに相当注目しているという証拠でしょうね。

ただし、利用者としては、どこの取引所を利用するのが良いのか選択肢に悩むところですね。

 

というわけで、本記事では国内仮想通貨取引所の人気度・取扱いコインを比較して一覧にまとめてみました

仮想通貨・ビットコインを購入するためには、取引所に口座開設する必要があります。取引所ごとに個性があって、あちこちのブログやサイトで紹介されていると思うんですけど、本当に人気の取引所はどれなのかよくわからなかったりします。

そこで、「人気=実際に使われている」取引所を調査してみました。「どのくらい賑わっているか」「人気度」の尺度・目安として、今回は取引所サイト(ドメイン)の「推定月間訪問者数・PV数」を調べています。PV数とはサイトが表示された回数(アクセスされた回数)のことを示します。本当に人々に利用されている取引所は、当然サイトへのアクセス数が増えているだろうという推測に基づきます。

「会員数」でもよいと思うのですが、会員数を公表していないサービスもありますし、非アクティブユーザもいると思います。また「取引高」だと取扱仮想通貨が少ない取引所は不利になりますし。

 

なお、あくまで私が調べた「推定」の月間訪問者数になります(SimilarWeb調べ・【2018/10/07】時点)(正確にはPVではなくセッション数だと思われる)。サービス運営会社から公式発表されているPV数ではありませんので、目安程度に考えてください。

 

 

人気度順。国内仮想通貨取引所人気ランキング比較一覧。DMM Bitcoin、bitbankが躍進するも3強は崩れ横一線。自分に合った取引所を選ぶ時代に。

国内仮想通貨取引所人気度比較一覧。

順位 取引所名 人気(2018/10/7) 人気(2018/3/7) 取扱数
1位 Zaif 264万 1459万 5種類
2位 bitbank 153万 642万 6種類
3位 bitFlyer 130万 1484万 7種類
4位 coincheck 90万 692万 9種類
5位 DMM Bitcoin 88万 224万 7種類
6位 GMOコイン 84万 236万 5種類
7位 QUOINEX 35万 151万 5種類
8位 BITPOINT 33万 55万 3種類

半年前と比較して仮想通貨取引所全体のアクセス数は激減しています。まあ、2018年年初は完全にブームの状態でしたしね。

 

国内仮想通貨取引所の特徴まとめ。

人気度1位「Zaif」:実用性では国内1位だと思う取引所。ただし、不正流出事件発生で信頼性に致命的な欠陥が。

取引所

引用元:Zaif https://zaif.jp/
取扱コイン・トークン

5種類+トークン。BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、BCH(ビットコイン・キャッシュ)、XEM(ネム)、MONA(モナコイン)、ZAIF、XCP、BCY、SJCX、FSCC、PEPECASH、CICC、NCXCなどのトークン

特徴 Zaifコイン積立、Ledger Nano(ハードのビットコインウォレット)販売、ソーシャルチップなど、他にない非常に特徴的・魅力的な仕組みがある取引所。また、買えるコインは少なめだが、いろいろなトークンを取り扱っている。

初心者向けとは言えないかもしれないが、中級者・上級者で使っている人が多そうなので、今一番伸びてるのはZaifだと思う。

総合評価
微妙
★★★★★
★★★★★

なんのかんので国内では一番使われている取引所でしょう。ただし、マイナス手数料は終了してしまったようですし、大手企業が運営する取引所の台頭に伴い、現物取引の利点は薄れつつあります。ただし、板取引できるものが多いので、慣れてきたらZaifをメインにする中級者は多いと思います。また、特殊なトークンや画期的なサービスなど、非常に面白い取引所ですので退屈しません。

一方、取扱いコインの少なさ・サーバ強度・APIの貧弱さなどがデメリットでしょう。さらに、大規模な仮想通貨流出事件を起こし信頼性に致命的な欠陥があることがわかりましたので、しばらくは様子見でしょうね。事件を起こしていない取引所が安全とは言えませんので、過度に評価を下げるのも客観性に欠けますが・・・。

初心者オススメ度
中級者
★★★★★
★★★★★

本人確認書類の到着に時間がかかる点と問い合わせサポートが弱い点がデメリットではあります。初心者向きではなく中級者向きの取引所と言えるでしょう。利用者が明らかに増えてきていてサーバが窮屈になっていると思われるので、個人的にはもう少しサーバが強くなってくれると嬉しいのですが・・・。

初心者が少し慣れてきたタイミングで使い始めると良いかもしれません。

仮想通貨流出事件について 【2018/09/20追記】不正アクセスで約67億円相当の仮想通貨(BTC・MONA・BCH)が流出する事件が発生しています。一部通貨の入出金が未だに停止しています。金融庁による業務改善命令も出ていますし、システムの問題も指摘されていますので、安定して利用できるようになるまでは利用を控えた方がいいのかもしれません。

人気度2位「bitbank」:アルトコインを頻繁に売買するならbitbank一択。2018年に伸びた取引所の1つ。

取引所

引用元:bitbank https://bitbank.cc/
取扱コイン・トークン

6種類。BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、XRP(リップル)、BCH(ビットコイン・キャッシュ)、LTC(ライトコイン)、MONA(モナコイン)

特徴 大手の仮想通貨取引所はアルトコインは販売所形式(手数料が高い)が多いですが、bitbankはアルトコインも全て取引所形式(取引板による指値注文)です。

手数料におけるメリットもあるので、BTC(ビットコイン)以外のアルトコインを頻繁に取引する人には向いていると思います。もう少し取扱いコインが増えると、結構差別化できると思うんだけどなー。

総合評価
及第点
★★★★★
★★★★★
ビットコインよりもアルトコインの売買回数が多い人はこちらが良い。アルトコインの手数料は国内取引所では安いほうだと思います。また、モナコインとかも扱ってる。ただし、国外取引所と比べると取扱いコインが少ない点はデメリット。
初心者オススメ度
中級者
★★★★★
★★★★★
ビットコインよりもアルトコインを頻繁に売買したい人向きの取引所です。板取引形式なので初心者向きではないかも。ただ、中級者がたくさんの種類のコインを買いたい場合は、正直、後述する海外の取引所を使った方が良いと思いますけど・・・。

人気度3位「bitFlyer」:国内最大級の安全・安心感、セキュリティ等の利点。初心者が最初に使うべき取引所。

取引所

引用元:bitFlyer https://bitflyer.jp/
取扱コイン・トークン

7種類。BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、BCH(ビットコイン・キャッシュ)、LTC(ライトコイン)、ETC(イーサリアム・クラシック)、MONA(モナコイン)、LSK(リスク)

特徴 人気度(取引所サイトへのアクセス数)ではbitFlyerはちょっと落ち目ですね。

口座開設のステップ・送金・購入方法もわかりやすいので初心者向きだと思いますし、規模・セキュリティ・安全性の利点はありますが、それ以外には特徴に乏しいところがあるのは事実かも。難しいことは苦手という超初心者向けかもしれません。

総合評価
良い
★★★★★
★★★★★
特徴に乏しいが、初心者が安心して使いたいならここか。ただし、手数料・スプレッドの高さと取り扱いコインの少なさが最大のデメリットなので、中級者・上級者になると離れていく人も多いのは事実。API取引なら主軸。
初心者オススメ度
初心者
★★★★★
★★★★★
超初心者向き。ガチでやるつもりはないけど、「仮想通貨ちょっと見てみたい~」という人にオススメ。国内最大級の取引所なので、規模・安心感という利点があります。口座開設もスピーディにわかりやすく進むので、初めての人でもとっつきやすいです。

人気度4位「coincheck」:NEM流出事件で大半の機能が凍結中。アクセス数大幅減で人気度転落。今はまだ落ち着くまで使わない方がいい。

取引所

引用元:coincheck https://coincheck.com/ja/
取扱コイン・トークン

9種類。BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、XRP(リップル)、BCH(ビットコイン・キャッシュ)、LTC(ライトコイン)、XEM(ネム)、ETC(イーサリアム・クラシック)、LSK(リスク)、FCT(ファクトム)

特徴 国内仮想通貨取引所では一番有名だと思います。ビットコイン(BTC)だけでなく、たくさんの種類の仮想通貨(アルトコイン)を購入することができますので、だいたいの初心者さんが最初に口座開設している国内最大取引所と言えます。スマホでの売買も見やすくてOKです。

ただし、XMR(モネロ)、REP(オーガー)、ZEC(ジーキャッシュ)、DASH(ダッシュコイン)は取扱い終了となってしまいました。さらに、ビットコイン(BTC)以外は販売所形式のため手数料が高くなりがちですので、ガチホではなく頻繁に取引する人には向いていません。

総合評価
様子見
★★★★★
★★★★★
仮想通貨を流行らせたきっかけになった取引所ともいえます。手数料は高めで初心者向けです。コインチェックはNEM不正流出事件でセキュリティのズサンさが明らかになってしまった上に、売りだった豊富なアルトコイン取扱も減ってしまいました。セキュリティ強化・信頼回復に期待したいところですが現状はまだ様子見したいです。ただし、他の取引所も安全とは言い切れないので、心配な人は後述のハードウェアウォレットを活用ください
初心者オススメ度
初心者
★★★★★
★★★★★
大手で利用者も一番多く、取扱いコインも多めで、スマホも使いやすいので、初めて仮想通貨投資を始める人向きの仕組み。
NEM不正流出事件について 【2018/01/27追記】コインチェックはNEM(ネム)不正流出事件(ハッカーに5億2000万XEM(1月26日時点時価で約580億円相当)が盗まれた。被害は全て顧客資金。ものすごい額の被害総額・・・)を起こして、ビットコイン売買以外のほとんどの機能が停止しています。痛いのはJPY(≒日本円)を含めて全ての取扱通貨の出金が止まっている点です。落ち着くまで使わない方が良いかと思います。

【2018/01/28追記】補償としてNEMの保有者全員に日本円で返金するとの発表がありました(88.549円×保有数)。補償時期や手続きについては検討中とのこと。時価よりも安いですが、自己責任・無法地帯の仮想通貨市場でこの対応は評価に値すると思います。これでまずは倒産・閉鎖はまぬがれたかな?

【2018/03/08追記】日本円の出金は再開されましたが、それ以外の大半の機能が依然として凍結されたままです。ただし、来週を目途にNEMの補償支払い・一部サービスの再開を予定しているとのことです。明るいニュースで良かったです。ただし、まだ現状は落ち着くまでは利用しない方がよい取引所です。

人気度5位「DMM Bitcoin」:あのDMMが運営しているという安全・安心感・セキュリティ。初心者向きで2018年に一番伸びた取引所。

取引所
取扱コイン・トークン

7種類。BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、XEM(ネム)、XRP(リップル)、BCH(ビットコイン・キャッシュ)、LTC(ライトコイン)、ETC(イーサリアム・クラシック)

特徴 なんとDMMまでもが仮想通貨業界に進出。

取扱いコインはそこそこ。手数料は安い方ではないですし販売所形式だが、DMMが運営しているという安全・安心感・セキュリティがあります。bitFlyer同様、超初心者向けかもしれません。

総合評価
ベスト
★★★★★
★★★★★
初心者がDMMのネームバリューに惹かれて登録する取引所。と、思っていたんですが半年でめちゃくちゃ伸びましたね。5位ですが伸びは大きいです。bitFlyerと雰囲気が似てるし、DMMが運営しているという安全・安心感がありますので、これから新しく仮想通貨の現物投資を始めるならDMMが良いのかも。パワーがある会社が運営していますから、これから最強取引所になる可能性を秘めています。ただし、APIはないので現物取引限定で。
初心者オススメ度
初心者
★★★★★
★★★★★
超初心者向き。サイトもスマホもわかりやすいです。申し込んだ後の本人確認ハガキも速攻で届きましたし、やはり大手運営の安心感とサポートの手厚さが感じられる。

人気度6位「GMOコイン(Z.comコイン)」:裁量で仮想通貨FXを本気でやりたいなら、レバレッジ・アプリの良さからGMOコインが最適。

取引所

取扱コイン・トークン

5種類。BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、XRP(リップル)、BCH(ビットコイン・キャッシュ)、LTC(ライトコイン)

特徴 上級者向け。BTC(ビットコイン)はレバレッジ最大25倍で取引できるし、アルトコインもレバレッジ取引ができる。また、スマホアプリが使いやすく、SBI証券の株式・先物のアプリと同じような感覚でトレードができる。

裁量でビットコインFXやるならGMOコインの一択かもしれません(APIはないので自動売買は無理)。

総合評価
ベター
★★★★★
★★★★★
裁量のレバレッジ取引のデイトレがメインになるなら非常に良いと思います。最大25倍のレバレッジ、スマホアプリ(ビットレ君)が使いやすい、追加証拠金不要と仮想通貨FXに最適な条件でしょう。大手GMOグループが運営しているという安心感もありますし、これから伸びてくるのではないでしょうか。DMMなりGMOなり、やはり仮想通貨市場も落ち着いてくると大手の独壇場になっていくのかも。
初心者オススメ度
中級者
★★★★★
★★★★★
手動でビットコインFXをやりたい中級者向け。レバレッジ取引はリスクが高いことを理解してやること。また、販売所形式なのに手数料が高くないところは初心者にも大きなメリットがある部分です。これで取扱いコインが多ければ言うことなしなんだが。

人気度7位「QUOINEX/Liquid」:最強セキュリティと高い安定性・流動性に強みがある。個人的には一番オススメ。

取引所

取扱コイン・トークン

5種類。BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、XRP(リップル)、BCH(ビットコイン・キャッシュ)、QASH

特徴 手数料・スプレッドが魅力的で、2017年に少しだけ話題になったQUOINEX。取引高はZaifに抜かされてしまいましたが、個人的には中級者以降の方にかなりオススメできる取引所です。

もともとは海外の取引所でしたが、今は本社が日本にあり、国内の取引所になったみたいですねw。

総合評価
ベター
★★★★★
★★★★★
日本での知名度はそこそこですが、世界での知名度は高い取引所です。全仮想通貨をコールドウォレット管理、全取引にマルチシグ採用と、セキュリティが強力で評価されています。さすが金融庁の仮想通貨交換業者に早々と認定された取引所と言えるでしょう。高性能取引ツールの画面レイアウトがカッコいい、レバレッジ倍率最大25倍、APIありと素晴らしいですね。ただし、取扱いコインの少なさ・サポートの悪さなどがデメリットになります。
初心者オススメ度
中級者
★★★★★
★★★★★
元々は海外の取引所でしたので、いい意味でも悪い意味でも外資のシャープさと冷たさがあります。機能美を追及する中級者向けで、手厚いサポートが欲しい初心者向きではないかもしれないですね。

人気度8位「BITPOINT」:ビットコインをAPIで自動売買したいプログラマー向けかも?

取引所

引用元:BITPOINT https://www.bitpoint.co.jp/
取扱コイン・トークン

4種類。BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、BCH(ビットコイン・キャッシュ)、XRP(リップル)

特徴 上級者向け。MT4(メタトレーダー4)の自動売買対応しており、自作EAをプログラミングできるなら自動トレードできる模様。APIも公開しているので、API(access_token型)を介した完全自作自動売買もできる。

筆者も注目している取引所で、どんなものか勉強中・検証中です。coincheckのAPIも結構良いけど、こっちのが良いのかどうかは現時点では不明。相場学習しながらシステムトレードするのが当たり前の時代ですので~。ちょっとプロトタイプ作ってみて、使えそうだったら、またブログで紹介します^^。

総合評価
普通
★★★★★
★★★★★
個人的に注目してるけど、まだ検証中(最近忙しくて…)。自動売買の分野で期待したい。あと、送金手数料無料がありがたい。
初心者オススメ度
上級者
★★★★★
★★★★★
自分でプログラムとか書いて、仮想通貨自動売買を始めたい人向け?(本当に向いてるのかはこれから検証しますw)。

 

 

【参考】草コイン投資では必須となる海外・国外の仮想通貨取引所は人気度も桁違い。

ついでに海外の仮想通貨取引所の人気度も調査してみました(私が知っているところのみです。他にも無数にあると思います)。世界1位の取引高と言われているバイナンスを始め、アクセス数の多いサイトが多いです。日本だけでなく海外でも仮想通貨は注目されています(まあ、日本から日本人の登録が多いらしいですけどw)。

海外取引所を使った草コイン投資に興味がある方はコチラの記事もチェックしてください~。

 

海外仮想通貨取引所人気度比較一覧。

順位 取引所名 人気度 備考
1位 binance(バイナンス) 10144万 中国の仮想通貨取引所。世界一の取引所。
2位 Kraken(クラーケン) 3339万 アメリカ合衆国の仮想通貨取引所。
3位 cryptopia(クリプトピア) 3061万 ニュージーランドの仮想通貨取引所。
4位 coinexchange 1300万 ベトナム?の仮想通貨取引所。
5位 KuCoin(クーコイン) 641万 香港の仮想通貨取引所。
6位 Liqui(リクイ) 222万 ウクライナの仮想通貨取引所。

 

【2018/06/30追記】金融庁の施策により海外取引所は厳しくなってきつつありますので注意喚起。

Kraken(クラーケン)、hitBTCに続き、KuCoinが日本人向けサービス終了を発表してきました。金融庁の政策を受けて、日本人を締め出す海外取引所が続出しています。上述した取引所も追随する可能性があります。

海外取引所は魅力的ではありますが、このようなリスクもあることを理解しておいた方が良いでしょう。

 

 

【参考】多額投資の場合、取引所のGOX(倒産・閉鎖)対策は必須。仮想通貨が出金不可能になる前にハードウェアウォレット(Ledger Nano S、TREZOR)に移そう。

 

仮想通貨取引所は便利にビットコインなどを購入できますが、取引所のウォレットにお金を預けておくことはリスクになりえます(仮想通貨・法定通貨問わず)。

Mt.Gox(マウントゴックス)、Bitconnect(ビットコネクト)などの例からもわかるように、不正流出やトラブルにより倒産・閉鎖・出金不可などの事態になるケースがあるからです。

 

こうなってしまうと、最悪の場合、取引所に預けている全ての資産を失うことになってしまいます

もちろん、お小遣いや少額で投資する場合はリスクを許容するしかないですが、多額の資金を投資する場合は取引所リスクについて対策・対応が必要です。

 

多額の仮想通貨を購入する場合、ハードウェアウォレット(Ledger Nano S、TREZOR、等)を活用することが必須です



 

ハードウェアウォレットはUSBメモリのような機器(鍵)に仮想通貨を登録して、ネットワークと切り離された貸金庫内などで仮想通貨を保管することができる機器です(実際には仮想通貨はブロックチェーンにあるので、ハードウェアウォレット内に仮想通貨を保持しているわけではありません。)。

ハードウォレットに仮想通貨を移しておくことで、他の実物資産と同じように管理することができます。ただし、取引所倒産リスクへの対策になりますが、機器の管理や秘密鍵・リカバリコードの盗難・消失リスクは完全に自己責任になります。

 

Zaifなどは取引所でウォレットの販売を行っていますし、ハードウェアウォレットはAmazonなどでも購入することもできます(売り切れている場合もありますが・・・)。

機器によって取扱いコインが異なりますし、ちょっと使いにくい機器もあるようなので注意ください(私はLedger Nano S使ってますけど、メジャーコインは対応してるし、使い勝手も悪くないのでオススメです。)。くれぐれもリカバリーコードのメモとバックアップだけは忘れずに。

 

Ledger Nano S TREZOR