社畜にならない方法と考え方。社畜の特徴を把握し、いつでも休める人材になろう。

会社・人間関係
この記事は約5分で読めます。

「社畜」は自分だけの問題ではない。自己犠牲の社畜精神が職場の他の社員に迷惑をかけていることもあると認識する。

 

日本のサラリーマンは忠誠心・自己犠牲で会社に貢献することから、昨今では「社畜」なんて言葉が一般的になってしまいました。とても残念な世の中ですよね…。本記事では、社畜の特徴を整理しながら、社畜にならない方法と考え方をまとめています。

 

まず最初に「社畜は自分だけの問題ではない」ということを書いておきたいと思います。

というのも、「俺は仕事が好きなんだ!社畜で何が悪い!」「社畜が会社と社会を支えている。俺がどう働こうと自由だろ?」と言って、自分の仕事スタイルを全く変える気が無い人がいるからです。自己犠牲の社畜精神は伝染しますので、社畜は自分だけの問題ではないということを認識いただきたいです。

 

以下の記事にも書いていますが、あなた自身が全く気が付かずに職場の他の社員に迷惑をかけている可能性もあると理解してほしいです。

俺の有給休暇がこんなに少ないわけがない。
日本の会社の有給休暇の消化率がヒドイ件。駄目だ日本の会社・・・早くなんとかしないと・・・ 皆さん、普段しっかり休暇は取れていますでしょうか? 私は本年度も既に完全消化してますよ!(^◇^)。 まあ、まだ休みますけどね(...
日本の労働環境が狂ってる原因は、長時間労働が得意なフレンズ達のサイコ脳。
最悪な『5人のモンスター』の存在が、日本の職場労働環境が劣悪な理由。長時間労働・深夜残業……なぜブラック企業で奴隷のような人生を送らないといけないのか? 『登場人物の紹介』 くろ社長 し…しまったのだ。困ったの...

 

 

休まないのが社畜の特徴。まず有給休暇の完全消化&残業ゼロが当たり前という認識を持つ。

社畜の特徴はやはり「有給休暇を取らず、とにかく出社し続ける」「深夜まで会社のために長時間残業を行っている」でしょう。

 

まず、社内の現状がどうあれ、有給休暇の完全消化&残業ゼロが当たり前という認識を持つべきだと思います

もちろん、認識したところで、すぐに状況が改善するわけではありませんし、転職しなければ絶対に改善しない可能性もあります。しかし、一番の問題は「休まないことが習慣になり、当たり前だと思ってしまって、思考停止に陥る」ことですので、現状を疑う習慣を常に忘れないことが社畜にならない最も重要なポイントと言えます。

残業は人生の無駄使いですよ。残業代ゼロやサービス残業なんて論外。
バカバカしい付き合い残業や人手不足が残業がなくならない理由。職場の人間関係を見直そう。 さてさて、有給休暇をしっかり取るのも大事ですが、日々の無駄な残業時間をなくすのも大事ですね。 はっきりと言ってしまえば、...
俺の有給休暇がこんなに少ないわけがない。
日本の会社の有給休暇の消化率がヒドイ件。駄目だ日本の会社・・・早くなんとかしないと・・・ 皆さん、普段しっかり休暇は取れていますでしょうか? 私は本年度も既に完全消化してますよ!(^◇^)。 まあ、まだ休みますけどね(...

 

なんでも、日本人の有給休暇完全消化率は10%以下らしいです。異常ですよね。

休み取れないor就業規則で定義されていない一部のブラック会社は別として、休めない原因の多くは、自分自身の心理的要素なんじゃないかと思います。例えば、「なんとなく職場の雰囲気的に休みが取りにくい」とかですね。

有給休暇は仕事しないでもお金がもらえるので、取らないなんて損です。自分の意識を改革していきましょう。

 

 

自分の頭で考えるクセを付ける。常に効率的な方法を考える。周りに流されない。迎合しない。

young-422332_960_720

 

社畜は思考停止していて、会社の中の空気や慣習に流されていることが多いです。自分の頭で考えるクセを付けることが大事です

本当にその仕事は必要ですか?効率的ですか?「他の人も同じようにやってるから」「今までもそのやり方でやってきたから」「マニュアルに書いてあるから」なんて言い出したら、思考停止状態になっている可能性があります。

例えば、飲み会に参加するのが当たり前なんて時代遅れ文化も、周りに流されている証拠です。

会社・職場の飲み会・宴会はつまらないし、行きたくないなら参加する必要はない。
会社・職場の飲み会・宴会の参加は時間の無駄です。早く断って、サクっとスルーしましょう。 さてさて、もうすぐ年末も近づいてきますが・・・・。 やはり年末年始というと、会社・職場でプロジェクトの打ち上げとか、忘年会とかあ...
猛暑日の満員電車の焼豚社畜サラリーマン生きてる?テレワークを勝ち取る方法。
30度超えの猛暑日。豚小屋のような満員電車に乗ってオフィスに出勤したいですか?辛くないですか?馬鹿らしくないですか? Photo credit: Tim Geers via VisualHunt / CC BY-SA ジ...

 

もちろん、そんなことを口にしたら村八分にされてしまう時代遅れ企業もあるでしょう。だから、最低限、心の中で思っているだけでも構いません。それだけで、時代遅れブラック企業の洗脳を回避することができるからです。

 

 

脱社畜のコツは心理的余裕。会社内では「どうでもいい人材」を目指そう。

思考停止を回避しながら、淡々と自分の中の「心のエネルギー」を貯めていくことが大事です。

しかし、この心のエネルギーは、職場内で表に出さない方がよい場合も多いです。特に社畜がたくさんいるようなブラック企業では、村八分にされる可能性がありますから。目立つ行動を取ると、社内に生息しているモンスターにターゲットにされてしまう場合もあります。

職場で煙たがられる迷惑な人と人間関係を築くのは諦めた方がいい。
協調性に欠ける「会社のモンスター社員」は、ストレスと不協和音しか生みません。 「自分と考え方・スタンスの違う人間は一切認めない」 といった人は会社などにも結構いたりしますσ(^_^;)。 協調性がなく、柔軟性が...

 

社内の他の社畜とは適当に合わせる形にして、悟られないように少しづつフェードアウトしていき、心のエネルギーを転職・副業などに費やすのが良いです

 

社内で目指すべきは「どうでもいい人材」「目立たないモブキャラ」です。

「仕事でコアな人材」=「欠けると困る人材」ってことなので、漏れなく「なかなか休めない」が一緒に付いてきます。その分、社畜率が高くなる可能性が高い。逆に目立たない社員であれば、「どうでもいい人材」=「いなくてもいい人材」=「すぐ休める」となる可能性が高いです。

職場の質にもよりますが、日本の会社なんて、そうそう簡単にクビにならないし、ボーナスとかも大して差が付かないわけですから、「どうでもいい人材」のが圧倒的にお得ですね。

 

もちろん、裏では転職や副業に情熱を燃やすことが大切です。スキルや経済的余裕が生まれると、心理的余裕が生まれてきて、ますます脱社畜が近づきます。

脱社畜より仮面社畜!副業で余裕を作り会社の支配を避け、悠悠自適に過ごすコツ。
会社で社畜が生まれる原因の1つは「自分の中の不安」。経済的・心理的余裕を作って社畜人生からオサラバする。 なぜ、日本ではこんなに社畜が増えてしまうのか?。 もちろん、国民性もあると思うのですが、最も大きいのは社畜の心...