【3つだけ】食べても太らない体質作りに必要なコト。誰でもできる痩せ体質改善!

健康・生活ネタ
この記事は約6分で読めます。

ダイエットしてもすぐリバウンド・・・。食べても太らない体質作りをして理想の体重を維持するぞ!

 

体型・スタイルで悩んでませんか?

 

私もたるんだ体系を改善するためにダイエットに取り組んでるんですよ。

以下記事で書きましたけど、色々なダイエット法にチャレンジして、一時的なダイエット自体は成功してるんです。

プロテインダイエットで1ヵ月5kg痩せた!高いサプリ不要・辛い空腹感も我慢不要
1ヵ月で体重4.8kg減量!筆者が実際にやったダイエット方法まとめ。高額ダイエットサプリも不要。厳しくツライ空腹感の我慢も不要。 昨年の秋冬くらいから、なぜかめっちゃ食欲旺盛で太ってしまって、体重計に乗って驚愕・・・。今年...
バターコーヒーダイエットの効果と代償。私が飲むのをやめた理由。
バターコーヒーダイエットで痩せないどころか太ってしまうという悲惨な末路になる理由 一時期話題になったバターコーヒーダイエット続けてますか? 私も一時期やってたんですけどね。バターコーヒーダイエットやめましたw。 ...
ゆる~い週末プチ断食(限定リーンゲインズダイエット)で悪魔的に激やせ!
自粛+フードデリバリーで激太り!空腹を我慢できないヘタレの筆者でもダイエットできた方法 以前のこちらの記事で書いたプロテインダイエットで体型を維持できていたんですけど、自粛で全く外出しなくなったのと、毎日ウーバーイーツ注文...

 

だけどですね・・・。

ダイエットで痩せても、ちょっと油断して食べ過ぎたり飲み過ぎたりすると、すぐにリバウンドしちゃうんですよw。

体重を減らすだけでなくて、太りにくい体質作りをすることが大事だなと凄く実感してるんです。

ダイエット→また太る→ダイエット→また太る・・・

みたいな繰り返しはウンザリですからね・・・。

 

私と同じようにリバウンドで悩んでいたり、ダイエットをしてもなかなか痩せることができず悩んでいる人はたくさんいるのではないでしょうか。

そんな人は、太りやすい体質なのかもしれません。ですから、まずは食べても太らない体質作りをすることが大切です。

そこで本記事では食べても太らない体質作りについて紹介していきます。

 

 

そもそも食べても太らない人ってどんな人?簡単チェック!

 

ダイエットでなかなか痩せられないからといっても、体質が原因とは限りません。そもそも、自分が太りやすい体質な太りにくい体質なのかわからない人もいるかと思います。

 

その見分け方について、話題になっている記事があったので紹介しておきます。デブ体質の見分け方はとても簡単なんです。

詳細はコチラの方のブログ記事に詳しく書かれています。

 

自分の体質を知りたい人は、味付けがしていないクラッカーを30秒噛んでみてください。

噛んでみて、30秒以内に甘く感じた人は食べても太らない体質、甘く感じなった人は太りやすい体質といえます。

 

つまり、炭水化物を効率よくエネルギーに変えられる人は食べても太らない体質ということです。

ですから、太りやすい体質だった人は、生活習慣の改善をしないと痩せるのが難しいでしょう(リンク先の記事で書いてあるとおり、体質改善までは食事はよく噛むようにしましょう)。

痩せられたとしても、リバウンドする可能性が高いので注意が必要です。痩せたい人は、まず食べても太りやすい体質作りをした方がいいでしょう。

 

 

食べても太らない体質作りに必要なのは3つだけ。極めてシンプル!継続が大事。

 

食べても太らない体質作りをするためには、努力と継続が必要です。

ですが、やるべきことは3つだけで非常にシンプルです。

 

【①水分補給】

まずは普段の水分補給から見直しましょう。

食生活の見直しで簡単なのは、ジュースをやめることです。健康のために野菜ジュースや果物ジュースを飲んでいる人は控えましょう。

なぜかというと、野菜ジュースや果物ジュースには果糖が含まれているからです。果糖は体内に吸収されると、約8割が肝臓で脂肪に変わってしまうので、肝臓を痛めないように気をつけましょう。

野菜ジュースや果物ジュースを飲むときは原材料をチェックすることが大切です。

喉が渇いたときは、できるだけ水かお湯を飲みましょう。胃腸に負担をかけないように、常温で飲むのがオススメです。

 

【②食生活】

食生活では、野菜から食べることが大切です。食物繊維を最初に食べることによって、急激な血糖値の上昇を防ぐことができます。

食べる順番は、小鉢や汁物などを食べたあとにメインのおかずを食べて最後に白米を食べるというのが理想的です。

小鉢や汁物を最初に食べると空腹感がなくなっていくので、肉や炭水化物を抑えることができます。

炭水化物は、血糖値を急上昇させる原因だったり脂肪が溜まりやすくなったりするので、食べても太らない体質作りをしたい人は覚えておきましょう。

とはいっても、炭水化物を抜くと低血糖になることがあるので良くありません。何事もほどほどにすることが大切です。

もし食べ過ぎてしまった場合は、次の日の朝食や昼食を少なめにして調節しましょう。

 

【③適度な運動】

食べても太らない体質作りをしたい人は、適度な運動をして筋肉をほぐしてあげましょう。

なぜかというと、適度な運動をしないと体が硬くなってしまい太りやすい体質になってしまうからです。特に加齢とともに体は固くなりやすくなります。

運動不足によって血行が悪くなったり代謝が低下したりすると健康面でも良くありません。

ですから、1日5分や10分でも体を動かす習慣を身につけることが大切です。ストレッチやヨガなど自分に合った方法で体を動かしていきましょう。

そうすると、体を動かすことが楽しくなったり姿勢が良くなったりすることがあります。

 

結局のところ筋肉を増やすことが一番大事です。筋肉を増やすことで基礎代謝を増やすことができ、何もしなくても消費されるカロリーが増えるからです。

 

 

まとめ。食べても太りやすい体質になったら?

 

生活習慣を改善していくと、「前より太りにくくなったな。」「なんだか体の調子がいいかも。」と自分の体に変化を感じることがあります。

自分の体に変化を感じたら、最初に紹介したようにクラッカーを噛んで、甘く感じる時間に変化があるかどうか試してみてください。

 

体質作りに成功して食べても太らないようになった人は、ダイエットを始めて理想の体重を目指しましょう。

体重を減らしたいなら、食事量を減らすのではなく、運動量を増やすことが大切です。

どんな風に運動をしていけばいいのかわからない人はジムに通いましょう。ジムならプロからアドバイスを受けることができるので安心です。

それに同じように痩せたいと思っている仲間に出会える可能性が高いので、モチベーションがアップします。

 

なかなか痩せられない人こそ、まず食べても太らない体質作りから始めていきましょう。体質が変わることによって、痩せやすくなるだけではなく、健康的な体を手に入れることもできます。

食べても太らない体質作りでは、水分補給や食生活、適度な運動を見直すことが重要なので、自分が始めやすいことから始めてみてくださいね。