バターコーヒーダイエットの効果と代償。私が飲むのをやめた理由。

健康・生活ネタ
この記事は約9分で読めます。

バターコーヒーダイエットで痩せないどころか太ってしまうという悲惨な末路になる理由

 

一時期話題になったバターコーヒーダイエット続けてますか?

私も一時期やってたんですけどね。バターコーヒーダイエットやめましたw

この記事ではバターコーヒーダイエットの特徴・やり方・やめた理由などについて、まとめて書いてみました。

 

ちなみにバターコーヒーダイエットは一定の効果はあります。効果ない・逆に太ったと言ってる人はやり方を間違えてるだけかと。

最初に結論をまとめると以下。

①バターコーヒーダイエット=置き換えダイエット

バターコーヒーとは簡単に言うと「カロリーが高いコーヒー」なので、朝食の代わりなど置き換えダイエットにする必要あり。バターコーヒー飲むだけだと太る

②悪い油が入った偽物バターコーヒーに気を付ける

何を勘違いしたのか普通の市販バターをコーヒーに入れて飲んじゃったりとかね。まあ、皮下脂肪や内臓脂肪をタップリ貯めたい人は止めないけどねw

③一定の効果は感じたけど、私はそれでも飲むのをやめたワケ

理由1:めんどくさいし、正直コーヒーが美味しくない

理由2:バターコーヒーの「アレ」だけに注目して、もっと手軽で健康への代償がない方法に変えたから(※後述)

 

 

バターコーヒーの効果とは?(眉唾なのもあるが…)

 

最初にバターコーヒーを知らない人向けに、バターコーヒーが話題になってる理由などをまとめてみました。

効果とかは科学的エビデンスに乏しいものもあり、正直眉唾なものもありますが・・・

 

ダイエット効果&脂肪の溜め込み防止効果

バターコーヒーの材料として使用するグラスフェッドバターには不飽和脂肪酸が含まれており、血中の悪玉コレストロールや中性脂肪を減らす効果があることで結果的にダイエット効果が期待できます。

また、バターコーヒーに使用されるMCTオイルは体内に吸収されたあと肝臓に直接運ばれすぐにエネルギーに分解されるため、必要に応じてエネルギーを分解する長鎖脂肪酸と違い脂肪がつきにくくなるのです。

しかし、ケトン体食事法という高脂質、適量のタンパク質と少量の糖質を併用でバターコーヒーを飲みますが、糖質を含む食べ物を多く食べてしまうと糖質を優先して体内に吸収してしまうためバターコーヒーで吸収する成分はそのまま効果なく吸収されてしまい逆に太ってしまいます。

また、皮下脂肪の多い方は効果が期待できないです。皮下脂肪よりも内臓脂肪の燃焼に効果があるようです。

 

基礎代謝アップ

コーヒーにはカフェインが含まれていることで基礎代謝がアップし、風がひきにくくなったり、痩せやすくなる体になっていきます。

 

リラックス効果&集中力アップ

コーヒーに含まれるカフェインにより交感神経が刺激され活力がみなぎり、脳に必要なエネルギーを補給できます。

また、眠気も抑えられることで物事にしっかり集中することができます。さらに、血糖値上昇もおさえられるため、食後の眠気も抑えてもらえます。

 

アンチエイジング

コーヒーに含まれるポリフェノールの抗酸化物質が老化を抑えシミやシワの改善などアンチエイジングとしても期待できます。

 

腹持ちが良い

バーターコーヒーに含まれる物質が、消化管ホルモン「コレシストキニン」の分泌を促す作用があることで満腹中枢が刺激され食欲を抑えられます。

そのためカロリーが低めと言われるバターコーヒーを飲んでも腹持ちが良いのです。

 

腸内環境が良くなる

バターに含んでいる酪酸の効果で腸内の悪玉菌の増殖を抑え、粘膜の保護と修復をし腸内の環境を整えてくれます。

腸内環境が良くなると便秘解消にも繋がり、お通じも良くなります。

ただ、空腹時のコーヒーの刺激が強くて飲んでから時間が経過すると胃がキリキリする、油分も消化されにくくお腹が緩くなるなど体質により合わない方もいますので自分には合わないと思う場合は無理せずやめましょう。

 

 

バターコーヒーの作り方+ダイエットのやり方+やめた理由

 

バターコーヒーの作り方

材料はコチラ。

コーヒー無糖コーヒーなら何でもOK
グラスフェッドバター
MCTオイル(中鎖脂肪酸オイル)

油は分離しやすいためスプーンでかき混ぜるより泡立て器やミキサーを使って混ぜることもおすすめします。

グラスフェッドバター、MCTオイルは市販でも売られておりネットでも購入できます。

 

ちなみにグラスフェッドギーもバターコーヒーで使用することができます。バターをゆっくり煮て水分と乳タンパク質を取り除いた脂肪になっており、インドの伝統的医学であるアーユルヴェーダでは薬として使用されているとか。

MCTオイルをココナッツオイルで代用しようとする人もいますが、やめた方がいいと思います。ココナッツオイルは中鎖脂肪酸は半分程度しか含まれていない上に、最近の論文では悪玉コレステロールが増えたという研究結果もあります。

 

作り方としてはインスタントでもドリップコーヒーでもコーヒーの中にバター、MCTオイルを入れ混ぜるだけになります。

冷たいコーヒーより暖かいコーヒーの方がバターが溶けて混ざりやすいです。

毎日飲むものなので、自分が好きな良質なコーヒーが良いでしょう。

 

とにかく面倒くさいし美味しくない!やめた!

まず準備する物の値段が高い!

MCTオイルも様々ありますが100mlで1300円や、グラスフェッドバターであれば牧草だけを食べさせた牛のミルクから作られ栄養素が豊富ということもあり普通のバターの5~6倍と高いです。グラスフェッドギーも高価です。

さらに面倒くさい!

コーヒー豆を挽いたりなどコーヒーを作ったあと、グラスフェッドバター・MCTオイルを加え、油が分離しないように混ぜなければいけません。

作るまでに手間がかかりますし、油が分離しないようにブレンダーなどで混ぜなければいけませんので洗い物も増えます。

そして美味しくない!

好みの問題なんでしょうけど、コレはコーヒーじゃないよ…。乳臭いコーヒーなんて嫌だ!

とくにグラスフェッドギーとか使った場合、濃縮した臭さがw。

正直、美味しくないもの・面倒なもの・苦痛なものって、習慣として続かないんだよね~

 

「やめました!」ってだけじゃアレなんで、この問題を解決する2つの代替策をご紹介!

 

 

【代替策①】手軽に飲める市販のバターコーヒーを買う

いちいち作るのが面倒くさいと感じる方は市販でバターコーヒーを売っていますので気軽に飲むことができます。

 

ファミマ バターコーヒー

一番手軽なのはコンビニのファミマで買える「バターコーヒー」です。

これ、実は結構美味しいんですよ。ちゃんとグラスフェッドバターもMCTオイルも入ってるし、新バージョンではMCTオイルが増量しているそうです。

「コンビニ商品ってどうなの?」って思う人も多いかもですけど、割とオススメ。

逆にカルディのバターコーヒーはやめたほうがいいと思う(成分見ればわかると思うけど、バターコーヒーではない別の何か偽物)。

 

チャコールバターコーヒー

これもオススメで、Amazonで結構売れているようです。

チャコールバターコーヒーは従来のバターコーヒーにジンジャー・アカシア・アガベイヌリンなどを配合。

スティックのインスタントコーヒータイプなので、手軽にお湯に溶かして飲めるのが良いですね。

ただし、腹持ちは普通に作ったバターコーヒーやファミマのものに劣る点と、インスタントなのでコーヒーの味はほどほど。

 

エブリディ・バターコーヒー

コスパ重視ならこっち。

コーヒー、オランダ産のギーパウダー、MCTパウダーを含み、お湯や水にサッと溶かすだけで10秒で完成するバターコーヒーとなっています。

ギーオイルパウダー25%/MCTオイルパウダー25%/インスタントコーヒー50%のシンプルな配合となっています。

砂糖不使用、香料、保存料、合成着色料無添加で、MCTオイルはシンガポール産・ココナッツ由来100%・中鎖脂肪酸100%、ベトナム産のコーヒーを使用しています(ケトン体の原料がたっぷり!低糖質)。

毎日1杯飲んでも1袋で1ヶ月以上飲むことができ、経済的にも優しいです。

ただし、腹持ちは普通に作ったバターコーヒーやファミマのものに劣る点は同様。

 

【参考】店舗で試飲・テイクアウトできるサービスもある

引用元:最強のバターコーヒー http://www.buttercoffee.shop/shop/

 

バターコーヒーは市販で売られているだけでなく、店舗で飲めたり、テイクアウトができるお店もあります。

都内在住の人に限りますけど、最強のバターコーヒーというお店では管理栄養士がバターコーヒーを作り、バターコーヒーのことや食生活などお悩みがあれば質問することができます。

バターコーヒーが苦手な人でも紅茶やルイボスティーでもバター・MCTオイルが含まれているため楽しむことができます。

 

また、店内のイートインスペースで飲むこともでき、グルテンフリー&低糖質のフード・スイーツメニューも用意されていて、ゆったりとくつろぐことができる模様。

私はウーバーイーツでこのお店からテイクアウト注文したことがあるのですが、店舗はまだ行ったことがないです。池袋・代々木にあるので今度行ってみよ~。

 

 

【代替策②】健康への悪影響を避け、バターコーヒーのあの成分だけを自然に生活に取り入れる

 

バターコーヒーダイエットの本質は「置き換えダイエット」という話を最初にしましたけど、朝食をバターコーヒーだけにするのを1ヵ月とか3ヵ月とか続けられます?

また健康への悪影響も怖いですよね。

長期的にバターコーヒを飲むのであれば脂肪分や炭水化物を避けて栄養を取る必要があり、栄養を取らないと慢性的な栄養失調になりやすいです。

当たり前ですけど、食事はキチンと毎日3食取った方が健康的です

 

そこで私が取り入れている方法を紹介。簡単に書くと以下です。

①バターコーヒーで最も重要な成分は「MCTオイル」。なので、コーヒーに限定せずにMCTオイルを自然に生活に取り入れる方向に視点を切り替える

②食事の全置き換えはせず、おかず一品の代替としてMCTオイルを使う

例えば、朝の食パン1枚を削る代わりにバターコーヒーは飲むけど、野菜・フルーツなど他の食事は普通に食べる。サラダのドレッシングを削り、代わりにMCTオイル+塩+酢でドレッシング替わりにする。などです。

MCTオイルは無味無臭の油なのでアレンジしやすいんですよね。

 

ちなみに私は以下のダイエットも取り入れてます。

プロテインダイエットで1ヵ月5kg痩せた!高いサプリ不要・辛い空腹感も我慢不要
1ヵ月で体重4.8kg減量!筆者が実際にやったダイエット方法まとめ。高額ダイエットサプリも不要。厳しくツライ空腹感の我慢も不要。 昨年の秋冬くらいから、なぜかめっちゃ食欲旺盛で太ってしまって、体重計に乗って驚愕・・・。今年...
ゆる~い週末プチ断食(限定リーンゲインズダイエット)で悪魔的に激やせ!
自粛+フードデリバリーで激太り!空腹を我慢できないヘタレの筆者でもダイエットできた方法 以前のこちらの記事で書いたプロテインダイエットで体型を維持できていたんですけど、自粛で全く外出しなくなったのと、毎日ウーバーイーツ注文...

 

大事なのは食事のバランスを崩さずに、極端な長期間の置き換えや断食は避けるということ。MCTオイルのような良質な油を無理せずに自然に取り入れることです。

もちろんダイエットの減量スピードは緩やかになりますが、無理なく続けられるしリバウンドも避けられますからね。