ビットコインの過去価格CSVデータ(分足4本値)をゲットする方法+ダウンロード。

仮想通貨(ビットコイン)がトレード商品として画期的なのは、API経由で簡単に自動売買できるところ。

 

仮想通貨の魅力とはなんでしょう?バカみたいな値上がり?ブロックチェーンの将来性?

まあ、それもあるでしょうけど、投機・トレードやマネーゲームの商品としてみたときに、一番画期的だと思うのは取引所が標準でAPIを公開している点だと私は思います。

だいたいの取引所は公開してますよね。例えばZaifだと、↓こんなやつ。

引用元:Zaif https://zaif.jp/

 

これは革命的!。従来の株式・先物・FXなどの投資商品では証券会社とかがAPIを公開しているケースは非常にレアでした。なので、自動売買するには色々と工夫が必要だったわけです。

一方、仮想通貨業界はAPIが標準装備。bitFlyerなんてwrapper(pybitflyerというライブラリ)も用意されてるので、Pythonならpip installだけですぐに簡単に自動売買システムの開発が始められちゃう。

トレード判断、発注・決済、ロスカット、資金管理、リスク管理、失敗したときのオートリバランスから、アービトラージ、スクレイピングで取得したチャート以外の要素による投資判断、AIの組み込みですら、Python一本で完全自動化できるということです

 

「画面操縦での自動発注じゃ限界があるよ…」とか「Meta Trader 4 + EAで自動売買始めたけど、クソEA掴まされた!」とか「FXのAPIって結局OANDAしか選択肢ないの?」とか「APIあると思ったら法人口座だけじゃねえか!」みたいなものに悩まされる時代は終わったんです。

つまり、これからは、難しいこと抜きに、Pythonとかでプログラム書ける人なら「誰でも」「無料で」「簡単に」「自分だけのロジックで」自動売買が始められる時代になったわけです

 

だがしかし。。。問題点がないわけではありません。。。

ビットコイン(BTCJPY)の5分足や15分足の過去価格CSVデータ(4本値)が入手できないんですよ!バックテストができないよ~!!w

ネットを探し回ったんだけど、落ちてないんだよね・・・。

 

 

「仮想通貨の過去のヒストリカルデータ(分足)入手できなくね?」。仕方ないから素の取引売買データからPythonで分足四本値をセルフ集計してみた。

一応、こちらの良サイトでCSVがゲットできるのですが、日足は充分な期間が取れるんですが、5分足とかだと非常に短い期間のデータしか取れなかったり。

仮想通貨(暗号通貨)4本値CSVゲッター from Cryptowatch

 

一方、こちらは過去分もたんまりデータがあるんですけど、素の取引売買データで使いにくかったり(しかも時間はUNIXTIMEですw)。

bitcoincharts.com

 

どっかにあるのかもしれないが探し回るのも時間の無駄なので、苦肉の策で、上述の素の取引データから分足4本値をPythonでセルフ集計してみました。5分毎に区切ってけば、四本値っぽい何かになるだろう…

 

やってることは簡単です。bitcoincharts.comでダウンロードしてきた素の取引データ(CSV)を読み込んで、UNIXTIMEを時間に変換して、区切り時間毎に4本値を作りこんでいます。

5分足なら「minutes=5」をtimedeltaに設定。

 

bitcoincharts.comのデータなら、どの取引所のどの通貨でも、だいたい同じ方法で4本値を生成できるはず^^。

「.000000000000」置換のところは手抜きコーディングなんで、他のデータでは通用しないと思うので、ビットコイン以外の場合は修正してから使ってねw。

あと、流してから気が付いたが、データがない時間帯に「0,0,0,0」が入っちゃう不具合がありました…( ノД`)。気になる人は自分で直してください。

 

 

bitFlyer・coincheckのBTC/JPYの5分足・15分足(4本値)の過去CSVデータのダウンロードはコチラ!

同じ悩みを抱えている人がいるかもなので、一応CSVファイルを公開しておきます(coincheckはもっと昔のもあるけど、容量が大きくなるので、とりあえず8か月分)。

分足四本値ダウンロード

 

ただ、まあ、間違ってるかもなので参考程度で(このデータで検証したロジックで投資に失敗しても知らないよ?w自己責任で!w)。

なぜか全体的に実際よりも少し価格が低いみたいですね・・・。集計が何かおかしいのか、時差とかのせいなのか、海外のデータだからドル/円の関係なのか原因は不明。まあ、仮置きのバックテストくらいには使えるのではないかと。

急がない人は、ちゃんとしたデータはCryptowatchのAPIとかでMySQLとかにコツコツと貯めていくのが良いと思います。私はデータ収集も完全自動化してます~。

 

あと、自動売買する人は複数の仮想通貨取引所・複数通貨FXを併用するのをオススメします。以下で書きましたけど、仮想通貨FX向きの取引所も結構ありますし

 

仮想通貨自動売買の最大の弱点は取引所リスクです。証拠金は取引所に置かないといけないので、GOXするとぶっ飛びますからね。複数の取引所・複数の通貨で分散自動実行+こまめに出金しておかないと、危ないかもですよ…。

 

 

SNS拡散お願いします!励みになります~!
自適猫
紹介

平凡サラリーマンが仕事ほどほど、ゆる~い生活目指して頑張ります。 仕事、副業、健康、プログラミング、自動化など、色々なネタをブログに書いてます。 少しでも皆様のお役に立てる楽しめる情報を発信できればと考えてます。

タグ: , , , ,