副業サラリーマンがクラウドソーシングで稼げない理由。リスクを恐れず積極的に投資すべき。

稼げないと言っているのは「仕事の受注」をしている人。クラウドソーシングで稼ぐコツは発注側に回ること。

QVKE96OD36

 

最近は様々なクラウドソーシングサービスが生まれています。簡単に仕事・作業の受注・発注できるようになりました。便利な世の中になりました。皆さん、積極的に利用していますでしょうか?

 

ただし、ネットなどの評判を見ると、「クラウドソーシングは稼げない」という声が大きいようですね。

しかし、私は「クラウドソーシングは稼げない」と言っている人は、イラストレーター・ライター等、受注側の立場でしか語っていないのではないかと思います。

例えば一例を挙げるならば、企業のキュレーションメディアなど、発注側で利用している立場は、安い労働力を有効活用して大きく稼いでいることに気が付いていますでしょうか?。

 

クラウドソーシングは誰でも簡単に仕事を受注できる一方で、圧倒的に単価が低いです。

過激な言い方をしてしまえば、クラウドソーシングの受注はブラック企業の社員と同じようなものです。仕事量に対して報酬が低いですから、そりゃ受注側に回れば稼げないのは当たり前ですよね。

私はサラリーマンの副業こそ、積極的に外注し、「クラウドソーシングを発注側で使うべき」だと思っています。

 

 

フリーランスや起業家と比べて、サラリーマンは事業投資に対するリスク許容度が高い。

「起業家やフリーランス」と「サラリーマン」の決定的な違いは、収益の安定度なんだと思います。

起業家・フリーランスは、ある月は大きく儲かっても、次の月はマイナスの可能性もある。基本的に売上・利益は安定しない。

サラリーマンは、極端な話、毎日会社でネトゲーしてても、毎月だいたい決まった額がもらえる。

 

いきなり脱サラ⇒起業して失敗するパターンで多いのは資金繰りなんだそうです。

事業投資をしなければ利益は生まれないから、当然赤字の期間もあります。

事業が軌道に乗っているように見えても、ビジネス環境の変化は早いですから、次の月はどうなるかわからない。なので、投資の判断や、引き際・攻め際の経営判断が必要になる。

 

逆に、サラリーマンは「月の収入がマイナスになる」ということは基本的にないです。当たり前ですよね、会社からもらう給料はマイナスにならないですから。

 

サラリーマンは「会社の奴隷」になるという対価と引き換えに、「安定した給与」という絶対に赤字にならない「強力な黒字ビジネス」の権利を買っているわけです。

簡単に言うと「悪魔に魂を売っている」ようなものですねw( ゚Д゚)

 

ですから、本当は起業家よりサラリーマンの方がリスク許容度が高いんです。

 

フリーランスや起業家だったら投資・事業に失敗したら、生活が詰みになりますが、サラリーマンだったら副業で失敗しても、本業の収益があるので、生活に困りません。

なので、サラリーマンこそ、副業の作業はどんどん外注して効率化していった方が良いと思うわけです。

 

 

サラリーマンはなぜリスクやイニシャルコストを避けるのか?

 

しかし、(私の周りの人だけかもですが)、なぜかサラリーマンはリスクやイニシャルコストを避けたがります。

副業をやるにしても、例えば「アルバイト」とか「ブログ運営」とか、低リスク・低初期コストの副業を選びたがる。

 

「そもそも、安定志向の人間だから、サラリーマンになった」のか、「サラリーマンという環境に慣れてしまったから、安定志向の人間になった」のか、卵が先か鶏が先かわからんですけど・・・(;^ω^)

 

ですが、『強力な黒字ビジネスの権利』という武器をもっているわけですから、客観的に考えて、これを有効活用しない手はないと思うんですよ。

 

しかも、この「強力な黒字ビジネスの権利」は、「果たしていつまで強力なのか?」わからないご時世です。サラリーマンの安定なんて無くなりつつありますからね。

むしろ、この権利が強力な今のうちに、うまくリスクを取って、副業で勝負していかないと、先々、大変なことになるんじゃないかな・・。

 

 

クラウドソーシングで仕事を外注して、副業を効率化し、「時間」を稼ごう!。

サラリーマンの副業で一番大変なことは、「時間がない」ということです。

ほとんどの場合、本業が忙しく、拘束時間が長いですから(;^ω^)。特に勤務時間の長いブラック企業に勤めている場合は、副業時間の確保が課題になります。少ない時間を有効活用するためにも、サラリーマンの副業こそ、クラウドソーシングを活用したいですね。

 

【クラウドワークス】日本最大級のクラウドソーシング

ランサーズと並ぶ日本最大級のクラウドソーシングで、発注できる仕事の幅・専門性も多岐にわたります。

特に記事作成・アンケート回答などのタスク案件が非常に豊富です。副業でアフィリエイトサイトの運営などしている場合は、記事の発注などに使いやすいと思います。

また、マーケットリサーチにも最適です。副業でWEBサービスなどを製作する際には役に立つと思います。

 

【ランサーズ】日本最大級のお仕事マッチングサイト

クラウドワークスと並ぶ日本最大級のクラウドソーシングで、発注できる仕事の幅・専門性も多岐にわたります。

特にシステム開発・WEB系のプロフェッショナルな仕事の発注に向いています。副業でWEBサイトやアプリなどの開発をする場合に、発注できると思います。

 

【ココナラ】知識・スキルの販売サイト

今もっとも伸びているオンラインマーケットです。500円のワンコインを売りにしていることもあり、単価が最も安いですので、細かい作業の発注に最適です。

アイデア次第で、受注者側から提供できるサービスを公開するスタイルですので、面白いサービスもたくさんあります。ビジネスの発想を得るのにも使えますね。

あと、出品者が主役なので「やらされ仕事」にならないので、受注者(出品者)の立場でもアイデア次第で稼げたりします。詳細は以下の記事に書いてます♪。

 

【SKIMA】イラストのオーダーメイドマーケット

イラスト作成に特化したクラウドソーシングです。アフィリエイトサイトなどの作成で、デザインの発注をするのに向いていると思います。

こちらもココナラと似てますが、イラスト作成に特化しているのが特徴です。以下の記事などでも取り上げています

 

全て登録するだけなら無料でできますので、まずは登録だけして、自分の副業にマッチするサービスが無いか探してみると良いと思いますよ!(^^)!。

 

 

PVモンスターという新サービスなら受注側でも稼げるかもしれない【2017/02追記】。

基本的にクラウドソーシングは受注で使うとジリ貧になっていくと思うのですが、昨年新しくできた「PVモンスター」というクラウドソーシングなら、受注側でも稼げる可能性があります。

 

成果報酬型コンテンツ製作プラットフォームという売り文句で伸びているクラウドソーシングです。

通常のクラウドソーシングの「ライティング作業」は文字数に応じた固定報酬がもらえることが多いです(そして、非常に単価が低い・・)。しかし、PVモンスターでは、0円で「ライティング作業」を請け負います(SEOキーワードが指定される)。作成した記事を依頼先企業のサイトで公開し、集客できたPV数に応じて成果報酬が発生します。

1記事書くだけで、その後に毎月2万円以上の継続不労所得が発生しているライターもたくさんいるようです

 

ただし、高レベルのSEOライティングが出来る必要がありますし、集客結果が全ての成果報酬型となります。腕に自信がある方はこういうのをやってみるのも面白いと思いますよ。

もう消耗するばかりのクラウドソーシングの「ライティング作業」にうんざり・・・。とはいえ、発注側でクラウドソーシングを使えるような副業・ビジネスが思いつかない。そんな場合は、PVモンスターで成果報酬型ライティングに挑戦してみるのも良いと思います。

 

 

SNS拡散・ランキングクリックお願いします!励みになります~!
人気ブログブログ村
自適猫
紹介

平凡サラリーマンが仕事ほどほど、ゆる~い生活目指して頑張ります。 仕事、副業、健康、プログラミング、自動化など、色々なネタをブログに書いてます。 少しでも皆様のお役に立てる楽しめる情報を発信できればと考えてます。

カテゴリー: クラウドソーシング, ビジネス・副業, ビジネス哲学 タグ: , ,