タグ: 処理共通化

UWSCで画像認識できないときに読む。CHKIMGの使い方&便利関数&トラブル解決。

初心者でもわかる? ネットゲームなどのマクロスクリプト作成に利用されているUWSC画像認識入門。   本ブログではUWSCのTIPS記事などもたまに投稿していたりするのですが、記事のアクセス流入の検索キーワードなどを分析すると、どうやらネットゲームなどのマクロスクリプト・自動化botを作成しようとしている人に多く読んでいただいているようです。 UWSCはPC作業の自動化・効率化で広く使う

タグ: , , , ,

UWSCの共通処理は、別ファイルにクラス化しておくと非常に便利ですよ。

共通処理は別ファイルに部品化しておくと、実装やメンテナンスが効率化できます。 UWSCでスクリプトを作成すると「.UWS」形式のファイルを作成するかと思います。 通常は、目的とする全ての処理をこの「.UWS」のファイルに記述します。 なので、「1つの目的・操作」=「1つのUWSファイル」となりがちです。   しかし、 「他のスクリプトで書いた処理を、もう一回書くのは面倒だなぁ・・・」 「

タグ: ,

UWSCのプログラム時、画面を閉じる処理を共通化しておくと非常に便利です。

「IEでウィンドウ(画面)を閉じる処理」はよくあるパターンなので、共通化すると便利ですね。   ウェブサイトを操作するプログラムなどを作ると、画面(ウインドウ)を閉じる処理を記述することは頻繁にあります。   もちろん、IEでセオリー通りにブラウザを起動した場合は、通常は「IE.quit」で閉じればOKです。 しかし、複数の画面を一気に閉じたいケース等、画面をたくさん開いたりク

タグ: , ,