ポイントタウンの友達紹介制度が稼げる理由+ポイントサイト選定の3つのコツ。

ポイントサイト・お小遣いサイトで紹介で稼げない人に欠けている視点+ポイントタウンの友達紹介をオススメする理由。

 

ポイントサイト・お小遣いサイトは日々の節約で非常に役に立ちます。一方で、ポイントサイトの持つ友達紹介制度を活用して、さらにポイントを稼ぐ人も増えています。当ブログもお気に入りのポイントサイトを記事で紹介しています。

しかし、やってみるとわかりますが、簡単には紹介は成約しません。多くの人がポイントサイトの紹介に挫折してしまいます。最初は意気揚々とブログ・SNSを始めるんですけど、すぐに更新がなくなりますw。

では、いったいなぜ友達紹介で稼げないのでしょうか?最初に答えを書いてしまうならば「紹介するポイントサイトが良くない」からです。

 

本記事では、ポイントタウンの友達紹介制度を使うべき理由と、ポイントサイトの友達紹介で稼ぐためのコツ(というよりは低額アフィリエイトで稼ぐコツになります)をまとめました

まずはポイントタウンに登録

「ポイントタウン」は友達紹介制度でも活用できる万能ポイントサイト。こちらの紹介リンクから登録すると、6000pt(300円分のポイント)が紹介ボーナスとして付きます。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

 

【最新版】ポイントタウン(Point Town)の友達紹介制度まとめ。以前は制度が不安定な時期があったが、今は安定している。

引用元:ポイントタウン http://www.pointtown.com/

 

まずはポイントタウンの友達紹介制度のおさらいです。

友達紹介制度を活用してお小遣い稼ぎをしない人には関係の無い話になりますが、ポイントタウンは近年は友達紹介制度の改訂を繰り返しており、制度が不安定な時期があったことがデメリットと言えます

以前は、ポイント承認の条件が厳しく非常に稼ぎにくい時期もありました…。

 

今は以下のとおり、友達紹介制度のルールが改善され、他の紹介制度が優れているポイントサイトと遜色ないシステムで安定してきているようです。2017年9月から変わってませんので、もう安定していると見てよいでしょう。

引用元:ポイントサイト http://www.pointtown.com/

 

現在(2018/11/01時点)の友達紹介制度のルールは以下です。

友達紹介が成約すると一時報酬として6000pt(300円)。

ただし、要電話番号認証

お友達の案件獲得ポイントの50%が紹介者に付与(ただし、紹介対象外の案件も多め)。

お友達の獲得ポイントはそのままで減りません

毎月開催される紹介ランキング報酬。

 

その他のポイントタウンの特徴などは以下記事にまとめています。

 

 

友達紹介制度で稼ぐためのポイントサイト選定の3つのコツ。

以上の制度を見てわかるかと思いますが、ポイントタウンの友達紹介制度は良い方ではありますが、モッピーなどと比較して紹介システムが際立って優れているわけではありません。

初心者はここで失敗してしまうんです。つまり、紹介制度の良し悪しでポイントサイトを選定してしまうんです。なぜかというと、背景にある「稼ぎたい」という欲望が、少しでも制度が優れているポイントサイトを選んでしまうからです

 

重要なのは「紹介する側の利益」に則した友達紹介制度の良し悪しではありません。「紹介される側の利益」に則した要望と需給です

以上をふまえて、ポイントサイトで友達紹介制度を攻略するための戦術を考えると、大きく分けて以下3つになります。

コツ①:人気が今まさに伸びているポイントサイト

コツ②:知名度が低いが魅力のあるポイントサイト

コツ③:友達紹介に頼らないマネタイズ手法で稼げるポイントサイト

 

ポイントタウンの友達紹介がオススメできる理由は言うまでもなく①に該当するためです。

高単価のアフィリエイトであれば、少数の需要をピンポイントで狙ったやり方で収益化することは可能です。しかし、ポイントサイトの友達紹介みたいに低単価の場合は、数を稼ぐ必要があるため、どうしても大きな需要を狙う必要があるということです。

消費者はバカではありません。実際に人気があって大衆受けし有益なサイトしか、たくさんの登録は見込めないということです。

ポイントタウンは人気が右肩上がりなので、その分需要も大きいと考えられるため、狙い目ということです。

引用元:Googleトレンド https://www.google.co.jp/trends/

 

なお、当然ですが需給は変化しますし、時代の流れで状況は変わります。また「自分で良いと思うサイト」と「世の中が良いと思うサイト」は異なる可能性があります。キチンと世の中の状況を客観的・迅速に捉えることが重要です

「このブログの記事を見て鵜呑みにしてポイントタウンを紹介する」「このブログの最新記事を見て人気ポイントサイトを判断する」では3流です(当然ですが私の主力サイトは別に存在しトレースできないようにしてます。このブログを追っても私のやってることは見えないようになってますのでご注意)。

キチンと自分でマーケットや需給を分析するクセを付けましょう。

 

また、他ポイントサイトを紹介しているがほとんど成約していない場合は、ポイントサイト選定以前の問題の可能性が高いです。サイトの問題・集客手法の問題・ライティングが下手・紹介の仕方に問題がある等です。

本記事は一定以上の集客スキルがある人向けの内容になりますので、初心者の方はまずネット集客の基本を学んだ方がよいでしょう。

 

 

【参考】広告への集客チャネルを替えてみるという手もある。

現状はWEBでの集客はSEOを活用したサイトでの宣伝が強いです。

しかし、広告の宣伝手段が「サイト」「メール」から「SNS」「チャット」「LINE@」へ変わりつつありますので、ポイントサイトもそういう流れになる可能性はあります。

 

特に「LINE@」は面白いですね。

知らない方に念のため書いておきますと、「LINE@」とは、企業版・法人版の「LINE」です(個人でも使えますけど)。通常のLINEの場合、個人間でチャットメッセージやスタンプでやりとりするわけですけど、、「LINE@」の場合は以下のようなビジネス向けの機能が付いています。

チャットメッセージを友達に一斉に送信できる。

メッセージに対し自動返信ができる(キーワード対応などありますがそんなに融通は利かない模様)。

企業情報、PR情報、EC機能、クーポン、アンケートなどの固有ページを持つことができる。

そのほか、いろんな機能。

 

これは、ポイントサイトに限った話ではないですが、WEB上・アプリ上でのチャットシステムを用いた宣伝手法は広まりつつあります。まあ、LINEとかもうみんな使ってますしね(;^ω^)。

メールなどは広告メールなど来ても見ないですし即ゴミ箱ですけど、LINE上だと読んでくれる可能性も増えます。「LINE@」の開封率やクリック率など、コンバージョンは極めて高いようですね。メールスタンドでメルマガとかでもよいですけど、これからの時代はチャットツール・メッセージツールが主力になる流れが来ています。

問題はスパムのように広告メッセージを送りつけるような事態にならないかどうかです。現状メールについては、ポイントサイトから「おすすめ情報」の名目でスパムのように広告メールが届いたりしますからねw。

 

 

SNS拡散お願いします!励みになります~!
自適猫
紹介

平凡サラリーマンが仕事ほどほど、ゆる~い生活目指して頑張ります。 仕事、副業、健康、プログラミング、自動化など、色々なネタをブログに書いてます。 少しでも皆様のお役に立てる楽しめる情報を発信できればと考えてます。

タグ: , , , , , ,