UWSCのプログラム時、画面を閉じる処理を共通化しておくと非常に便利です

画面を閉じる処理はよくある処理なので、共通化すると便利ですね。

ポイントサイト向けのプログラムなどを作ると、

画面を閉じる処理などを記述することは、

頻繁にありますね(*^-^*)

 

もちろん、通常は「IE.quit」で閉じればOKです。

 

しかし、ポイントサイトの場合は、

画面をたくさん開いたり、クリックポイントで開く画面など、

制御しにくい画面が出たりします。(´・ω・`)

やたら、画面が開くポイントサイトとかあるし・・・

 

このような場合は、無駄な画面を一気に閉じたいですね(*^-^*)

このような場合、やはり「GETALLWIN」で画面を取得して、

閉じてあげるのが一番です。

 

頻繁に画面を閉じる操作をする場合、

共通化しておくのが便利です。

例えば、サンプルコードはこんな感じです。

 

 

このサンプルの場合、

CLOSE_IE(“”)と引数無しだと、IEの全画面を閉じる

CLOSE_IE(“ポイントサイト”)とすると、「ポイントサイト」というタイトルの画面のみを閉じる

となります。

 

もちろん、もっとカスタマイズすれば、いろんな条件などを付けられますね(*^-^*)。

また、今回のサンプルでは、

「POS(“iexplore.exe”, STRCONV(STATUS(ALL_WIN_ID[i], ST_PATH),SC_LOWERCASE)) <> 0 」

としており、「IE」のみを閉じるプログラムになっていますが、

もちろん他のウインドウを閉じるようにすることも可能です。

 

 

SNS拡散・ランキングクリックお願いします!励みになります~!
人気ブログブログ村
自適猫
紹介

平凡サラリーマンが仕事ほどほど、ゆる~い生活目指して頑張ります。 仕事、副業、健康、プログラミング、自動化など、色々なネタをブログに書いてます。 少しでも皆様のお役に立てる楽しめる情報を発信できればと考えてます。

カテゴリー: TIPS, TIPS(UWSC) タグ: , ,

アーカイブ