元社畜エンジニアが語る。ブラック企業を脱出するための5つの手順。

.

なぜ、人は社畜化するのか?ブラック企業から抜け出せなくなる理由と「超現実的」な解決策。

 

近年はブラック企業の存在が話題になっていますね。大手企業で発生した自殺事件など、ショッキングなニュースも報道されています。いまだに、このようなブラック企業に勤務している方はたくさんいるのではないかと思うのですが、抜け出せていない人も多いのではないでしょうか。

そんな私も、以前はブラックな職場の社畜でしたが、やはりなかなか脱出できませんでしたね(;^ω^)。

 

本記事では、私がブラック職場を抜け出すにあたり実践した「ブラック企業脱出のための超現実的な5つのプロセス」をご紹介したいと思います。個々の話は、本ブログの他記事でも少しづつ書いていたりしますので、重複する部分もあるかもしれません。この記事はノウハウのまとめページ的な位置づけになります

 

なお、紹介するのは「超現実的・堅実な方法」になります。

夢を見ているような内容、一発で人生を逆転させるような内容、理想論などがお好きな人は、他のサイト・ブログに行った方がよいと思いますよ。夢を追い求める人・移り気な人には向かない話になりますので。そして、現実的・合理的な思考プロセスを持って、堅実・地道な作業をコツコツとやっていく必要がありますので、ある程度の「心の強さ」が必要になります。

もちろん、宗教勧誘や情報商材の販売などではありませんので、安心して最後までお読みください(笑)。

 

 

手順①:ブラック企業を退職・転職できない理由・原因を整理する。

結論から言ってしまうと、ブラック企業から脱出する方法は「転職」「退職」です。

 

「そんなの当たり前じゃん!」と思うかもしれません。

それでは、あなたはなぜその当たり前のことを未だ実践していないのでしょうか?それは転職を容易にできない理由・原因があるからではないでしょうか?

 

ブラック企業から転職できない理由は大きくわけると、以下の4つだと思います。

転職できない理由①:収入がなくなること・転職先に関する不安

転職先が見つからないかもしれない・・・

転職先も同様のブラック企業かもしれない・・・

収入がなくなって生活が出来なくなる・・・

転職できない理由②:転職活動をする時間がない

仕事が忙しすぎて転職活動をする時間がない・・・

転職活動のことを考える心の余裕がない・・・

転職できない理由③:恨み・承認欲求・プライドなどの感情論

ブラック企業に対する怒り・恨み・憎み・・・

仕事から逃げるみたいで嫌・・・

親戚や家族から後ろ指をさされるかもしれない・・・

転職できない理由④:自分の職場がブラック企業であることに気が付いてない

 

残念ながら「転職できない理由④:自分の職場がブラック企業であることに気が付いてない」のケースにつける薬はありません。問題を問題と認識していないのであれば、解決策も存在しないからです。ただ、このケースの人も多そうですけど・・。

そのため、本記事では、対処すべき問題点は①~③に絞って説明しようと思います。

 

 

手順②:楽しんで取り組むことができる副業を始める。副業を通して新しいスキルを身に付ける。

「転職できない理由①:収入がなくなること・転職先に関する不安」という問題があるならば、まずは自分が楽しんで始められると思う副業をやりましょう。

当たり前ですが「副業で稼いで脱サラ」みたいな情報商材みたいな話ではありません。ほとんどの方の場合、それほど稼げないと思いますから。

 

そもそも、副業を始める目的は「お金を稼ぐこと」ではありません

本質的に「転職できない理由①:収入がなくなること・転職先に関する不安」は、『自分自身の自信の無さ』からくるものです。ブラック企業で働いていると、社内の仕事の枠組みに囚われてしまいます。さらに職場の人間関係がその不自由さを加速させるのです。さらにさらに度重なる過酷な労働・勤務時間で仕事がすっかり嫌いになってしまいます。これが仕事というものに対する嫌悪感・不安を増長させたり、自信や自由な発想を育てる障害となっているということに気が付いていますでしょうか?。

 

ブラック企業で消耗している人は、こんなことは到底考えられないかもしれませんが、仕事・ビジネスというものは、本来は無限の可能性・自由なアイデアがあり、とても楽しいものです

副業を始める目的は、「仕事の本来の楽しさを思い出すこと」と「自分でビジネスをやったという自信を取り戻すこと」が目的です。私も自分の好きな事を副業として始めて、仕事というものに対する考え方が変わりました。仕事が嫌い・つまらないという人は、会社の仕事やアルバイトなどの「使役される作業」しかやったことがないのではないかと思います。

 

副業を通して本業では身に付かないスキルを鍛えられるのもメリットですね。自分が楽しめる副業を無理のない範囲で少しづつ挑戦することが大切です。

例えば、個人でも誰でも手軽に始めやすい副業として、以下が挙げられます。参考にしてみてください。

 

ブログ・サイトアフィリエイト

文章を書くことや意見をまとめることが好きだったり、WEB集客の導線を作るのが好きな人はブログ・サイトアフィリエイトなどが向いていると思います。私も自分のサイトを持って文章を書くのが大好きなので、ブログがやったりしていますw。

アフィリエイトは「怪しい」「難しい」というイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。「アフィリエイトで脱サラ!」「月○○○万円!」といった宣伝文句の情報商材・変なサイトが怪しいだけであって、アフィリエイト自体は至って単純で健全なビジネスです。

アフィリエイトなら【A8.net】が最も有名で稼ぎやすいと言えるでしょう。豊富な案件を扱っていて、どんなブログ・サイトでもマッチしている広告を探すことができます。多くの方が利用しているASPサイトですので安全に使えます。

以下の書籍などを参考にしてみてください。有名なブロガーの方が書いている教科書的な本です^^。

 

クラウドソーシング

最近ではクラウドソーシングサービスも増えてきました。クラウドソーシングとは個人間で仕事をお願いしたり請け負ったりすることができるWEB上のサービスで、匿名・在宅で好きな時間に作業ができることが最大のメリットです。個人で手軽に仕事の受発注ができるのがクラウドソーシングの魅力ですね。

クラウドソーシングで有名なのは、やはりクラウドワークスランサーズですね。

大手は案件の豊富さが魅力なので、誰でもできるタスク型案件(簡単な作業・記事作成等)から、WEB・ITの専門知識が必要なシステム開発案件まで選択肢がたくさんあるのがうれしいです。

 

ただ、クラウドソーシングは「やらされ仕事」になってしまう面もありますので、私としては「楽しさ」を重視するならば自分の裁量で作業を進められる以下のサービスが推奨です。

ココナラ

通常のクラウドソーシングの場合、発注者が案件の内容を決めて仕事の発注を行いますが、ココナラは受注者が主役のクラウドソーシングで、自分ができる仕事を出品して購入されるのを待つというシステムになっています。自分の得意・アイデア次第でどんなサービスでも出品できるので、とても楽しいです。私のブログでも何度も紹介していますね^^。

SKIMA

イラスト・デザインに特化したクラウドソーシングです。絵を書くのが得意で、副業にしたい人にはとても推奨できますね。ココナラよりも単価が高い反面、イラストの質も高いものが求められると思います。デザイン・イラストで腕を磨きたい人は挑戦してみてください。

PVモンスター

成果報酬型の記事作成特化クラウドソーシングです。徹底した成果報酬+裁量性でとても面白いです。1記事制作するだけで、成果に応じて継続報酬が発生するサービスで、一度記事を書くだけで毎月数万円の収入を得ている人もいるようです。

通常のクラウドソーシングで固定報酬の記事作成タスクをやるくらいなら、PVモンスターでハイレベルな記事作成に挑戦した方が面白いと思いますよ。

 

 

手順③:節約・節制してお金を貯めておく。貯金を転職活動期の生活費に充てる。

次に「転職できない理由②:転職活動をする時間がない」という問題ですが、おそらくこれが一番シビアな問題になるのではないかと思います。勤務時間が長いブラック企業は拘束時間も長いですから、転職活動ができないことがほとんどだと思います。

 

この問題の解決策はまず最初にブラック企業を辞めてから、転職活動を始めるということです

「在職中に次の転職先を見つけておく」という『転職活動のセオリー』からは真逆となります。もちろん、在職中に転職先を確保できるのが一番なのですが、現実的に考えるとブラック企業の場合はこれが難しいことが多いんですよ。「在職中に転職先を見つけること」にこだわる人もいますが、こういう人は実際にブラック企業に勤めて、そこから転職した経験が無いんじゃないかな・・。

ただでさえ厳しいブラック企業の仕事が課されている状況下で、さらに転職活動という負担を追加して、心身が壊れては元も子もないです。また、よく調べずに急いで転職先を見つけようとすると、「転職先もブラック企業」ということになりかねません。

 

ただし、無計画に勢いで辞めてよいと言っているわけではありません。「上司にムカついたから、辞表を叩きつける」とか論外ですからね。

大切なのは、在職中に「転職活動期の具体的な行動計画を立てる」「転職活動期の生活に充てる資金を十分に貯蓄しておく」ということです。充分に準備をしてから、冷静に計画的に辞表を叩きつけることが大事だと思います。

 

まずは生活費のうち、固定費の見直しをする。

日ごろの無駄な買い物や、交際費を抑えるのは当たり前ですが、最も効果があるのは固定費の見直しです。

今の時代は固定費を抑えるサービスがたくさん出てきているので、食わず嫌いをせずに固定費削減を検討ください。少しづつでも取り組んで100円・1000円を無駄にしないようにし、コツコツと浮いたお金を貯金することが大事です。気長で忍耐が必要な取り組みになりますが、心を強くもって改善していきましょう。

 

ちなみに、以下のような固定費削減策などが検討候補だと思います。

自由化に伴い、電気料金・ガス料金を節約する:1番安いプロパンガス料金を比較

スマホ・携帯電話をSIMに乗り換えて節約する:BIGLOBEの格安SIMがオススメ

保険料の見直しをして節約する:保険を見直して家計を節約!ほけんのFP

賃貸住宅の場合は、家賃を見直す:口コミお部屋探しシステム

 

キャッシュバックで生活費の節約をする。

あとは、ポイントサイトを活用したキャッシュバックで生活費の節約をする方法です。

ポイントサイトは節約の定番ですね。私もこのブログでもポイントサイトの記事は良く書いてますが、もともとはブラック職場時代に節約のために始めました。今はポイントサイト大好きのマニアになってしまいましたがw( *´艸`)。

お小遣いサイトはとても便利で、ネット上の行動(買い物やサービス利用など)のほとんどをキャッシュバックで現金化できます。コツコツですが確実な節約になります。

 

本ブログではポイントサイトについて色々と書いていますが、初心者はまずは以下のポイントサイトを使ってみてください。癖がなく使いやすく網羅性が高い定番サイトになります(※逆に変なポイントサイトには登録しない方がよいと思います。危険なサイトもありますので注意してください)。

ハピタス:ネットショッピングならここを経由すればOK。

ポイントタウン:総合ポイントサイトでお小遣いサイトの魅力が全部詰まってます。

 

 

手順④:ブラック企業を憎まない恨まない。嫉妬・プライドなどの幼稚な感情論は捨て、現実的・合理的な思考を持つ。

「転職できない理由③:承認欲求・プライドなどの感情論」。これは「捨ててください」としか言えません。

 

最近はブログやSNSなどで「ブラック会社の批判」「ブラック上司の悪口」などが目立つようになりました。ですが、これは意味がないので、すぐに止めた方がよいです

たぶんブラック企業で限界まで溜まってしまった怒り憎みやストレスが爆発してしまったんだと思います。私もブラック職場時代にそういうことも無かったとは言えませんので、気持ちはわかります。

しかし、考えてみてください。ブログ・SNSに怒りをぶつけて何か解決しましたか?。そのときにちょっとだけ気持ちがスカっとするだけです。次の日に会社に行ってみたら、何も変わっていない現実を突き付けられ、余計に絶望するだけです。

 

また、「ネットで訴え続けることで社会を変える」とか「ネットで意見を言うことには意味がある」というような活動家みたいな主張をする人もいますが、個人的にはかなり疑問ですね。

例えば電通も自殺者を出すのは2回目ですが現状は何も変わってません。1年以上前に「保育園落ちた。日本死ね」という発言もかなり流行りましたが、保育園に入りやすくなりましたか?。「格差」という言葉も6年以上前からしきりにネット上に書かれるようになりましたが、今、格差は縮小しましたか?。

むしろ、「庶民がネットで意見を言っても何も変わらない」という圧倒的事実を「今、ここにある現実の地獄」が実証しているように思います。

 

大切なのは「期待値」です。つまり、「1%の確率で手に入る1万円」と「100%の確率で手に入る101円」のどちらを選ぶのが合理的かという話です(もちろん後者です)

「会社が変わるという0%に近い可能性を信じて、ネットで批判する」のと「それなりの確率で成功する転職の準備を着々と進める」のどちらが費用対効果の高い行動か言うまでもないと思います。負けが混んでいる人に限って万馬券を狙う心理と同じで、追い込まれてる人間に限って非合理的・理想を追うという誤った選択をしがちなので注意が必要です。

 

恨み憎しみやプライドなどの幼稚な感情論は捨て去り、まずは「超現実的な大人の行動」をしましょう。

ブラック企業で限界になっている人には時間的余裕はありませんから、追い込まれている状況だからこそ合理的な行動の優先順位付けをすることが大事です。今、あなたが本当にやるべきことは、会社批判でも社会批判でもなく、現実的な転職準備だと思います。ブラック企業批判を本当にやりたいのなら、転職が終わって落ち着いてから改めてやればいいだけの話です。

 

 

手順⑤:準備が整ったら、ブラック企業に辞表を叩きつけ、転職活動をしましょう。

準備にはかなり時間がかかると思います。何よりもコツコツ着実に準備をすることが大事ですね。

準備が整えば、いよいよブラック企業におさらばです。新しい転職先をみつけるべく、転職活動やエージェント登録をしましょう(転職サイトやエージェントの良し悪しは、本ブログより詳しいサイトがあると思います。)。

 

本記事ではIT・WEB系のお仕事を紹介したいと思います。私も広義ではIT・WEB関連の職種ですが、推奨できる会社がたくさんあります。

IT・WEB系は激務なブラック企業も多いですが、柔軟に働ける自由な職場も多く、ピンキリなところがあります。じっくり検討するなら、この業界はオススメですね。実際、私も今はホワイトです。残業はしていませんし、在宅勤務も許可されてますし、興味のある技術の仕事を選んでできる状況にあります。

エンジニアに特化した人材紹介サービス:リツアンSTC

業界トップクラスの給与水準で、給与水準が上がる仕組み・正社員雇用の仕組みがある。

マージン率を公開しているオープンな会社で信頼がある。

大手優良企業から話題の企業まで、多数のお仕事案件あり。

IT・WEB系のエンジニア、デザイナーの向けに特化した転職斡旋サービス:レバテックキャリア

将来のキャリアを考えた転職サポートで、無理な転職を勧めないポリシー。

IT・Webの業界や技術に精通した専任のスタッフがトータルな転職サポートをしてくれる。

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門とした転職支援サービス:GEEKLY

転職希望者のスキルや経験、職種経験をもとに、多角的に分析してマッチングを行えるのが強み。

大手を中心に非公開求人数は2000以上で、ギークリー独占の求人案件も扱っている。

IT・インターネット・ゲーム業界の転職エージェント:WORKPORT

IT・インターネット業界のみで2000社と取引実績があり、常時12,000件の求人案件を保有している。

職務経歴書の添削、志望企業ごとの面接対策、年収交渉、円満退社まで転職活動全てにおいて無料サポートあり。

 

 

Regro