消費税増税には反対なのに、法人税減税にも反対する人って、「嫉妬」じゃないの?

軽減税率の品目・規模感を最終調整中ということらしいです。だが、そんなことよりも、ネットに溢れるモラルの低い一般人のコメントの方が気になる。

本日は政治の話になります。

消費税増税が確定し、一方で法人税減税は当初の予定どおりに進める予定で進められているようです。

一方で単純な増税だと不満が増加すると思われたためか、軽減税率の導入と規模感の調整が議論されているようですね。

 

最終調整の内容をまとめると、以下のような感じで調整中みたいですね。

・2016/04の消費税10%への増税の時点で、軽減税率を導入するものを最終調整中

・肉や野菜などの生鮮食品、総菜などの加工食品が8%に据え置かれる

・宅配を中心とした新聞も8%に据え置かれる

・酒と外食は10%に増税

 

 

個人的な率直な意見を述べさせていただきます。

生鮮食品は0%とかにしてほしかったですね。生活の根幹の部分ですから。

一方で、加工食品のうち添加物の多いものや、外食のファストフード・ラーメンなど、「不健康」な食品はもっと30%とかに、増税しちゃってもいいんじゃないかと思いました。油とかショートニングとかを多用しているものは特にですね。

医療費・薬剤費の削減も課題となってますから、品目によって税制をコントロールすることで、健康志向に誘導して医療費の削減を狙うのもアリなんじゃないかと思います。食が良くなれば病気も減ると思いますし。

一人暮らしとか高齢独身とか関係なく、加工食品とか辞めて、ちゃんと自炊して、バランスのとれた食事を心がけるという、当たり前のことをやりましょうという話です。

 

まあ、個人的な意見はさておき・・・。

インターネット上のブログや各種メディアのコメント欄(ヤフコメなど)などで、「日本の未来について真剣に考えていない無責任で見苦しい意見」が溢れていると感じ、むしろそっちの方が気になってしまいました。

例えば「軽減税率とかでなくて、消費税の増税を取りやめ、法人税の増税をやるべきだ!」みたいな意見ですね。

 

始めに書いておきますが、私自身が消費税増税・法人税減税に賛成しているわけでも反対しているわけでもありませんし、消費税減税・法人税増税に賛成している人を軒並み批判しているわけでもありません。

この記事は、その意見の裏に客観的で論理的な思考があるかどうかを問うています。もちろん、ちゃんと客観的な思考をもって批判している人も中にはいるだろうことも重々承知の上で記載していますので、ご承知おきください。

 

 

法人税減税に反対する人や格差が問題だと叫ぶ人って、自分の中の「妬み僻み」の感情に引きずられることなく、客観的で論理的な思考をしていると断言できますか?。

しっかりと増税・減税のメリット・デメリットを整理して、客観的で論理的な思考をした結果、「法人税減税に反対」という意見なら問題ないと思います。ですが、ネットに溢れている質の低いコメントや意見は、到底このような思考プロセスを経ているように見えません。

「自分たち一般庶民は消費税増税で苦しい。なのに、強い大企業や富裕層が法人税減税で恩恵を得るなんて気に食わない!」みたいな感情に引きずられているように見えますね。

 

その結果、以下のような思考プロセスを経て、質の低い意見を量産します。典型的なポジショントーク・ドミナントストーリーですね

強い大企業や富裕層に対する妬み僻み。消費税増税への不満。

→(感情的に)法人税減税に反対(ということにしたい)。

→自分の意見に都合の良いニュース・ソースを見つけてきて、自分の意見の根拠として肉付け。

 

真っ当な思考プロセスであれば、案①と案②の2案があるならば、両案のメリットデメリットを公平に収集し、客観的にどちらが良いかを判断します。ですが、こういう人たちは最初に「心理のフィルター」が付いていて、「法人税減税に反対」という結論ありきで議論を進めています。

意見に偽装しているだけで、本質は「嫉妬」「ただの愚痴や不平不満」という最もタチの悪い意見と言えますね。

 

嫉妬から他人を批判しだすとか、人として最低ですよね。いい大人が恥ずかしくないんでしょうか?

富裕層や大企業を妬ましいと思うのであれば、「自分もビッグになってやる!」と一層努力するのが正常な人の反応です。ですが、自らを奮い立たせるのではなく、妬ましい存在を引きずり下ろすような思考をする人間は歪んでいるとしか思えないです。

 

 

日本の将来を真剣に考えて、客観的で論理的な意見をしていますか?その意見は本当に将来の子供たちのためになることですか?。

話を分かりやすくするために、簡単な例を書きます。

あなた(一般人)は今100円をもらってます。一方でXさん(強者)は1000円をもらっています。今後の配布をどうするか、以下2案から、あなた(一般人)が選択できるものとします。どちらを選びますか?。

案①:あなた(一般人)が90円をもらい、Xさん(強者)が100円をもらう

案②:あなた(一般人)が110円をもらい、Xさん(強者)が10000円をもらう

 

案②に決まってますよね?庶民にも利益(100円→110円)がある上に、全体のパイも増えている「公益性の高い選択」と言えるからです。

ここで案①を選択するメリットはありません。あるとすれば、「Xさん(強者)との格差が10倍に広がるのが気に入らない」という、しょうもない感情論だけです。

 

この例のように、あなたは本当に全体の利益になる意見を発言していますか?客観的で論理的な意見をしていますか?その意見を、自分の子供たちや次の世代に誇れますか?

もう、今の日本には、しょうもない感情で非効率な選択をしている余裕はありません。本当に日本のためになる意見を発言していってほしいです。

 

何度も書きますが、法人税減税が良いとか悪いとかそういう話をしているのではありませんからね。

法人税減税に賛成でも反対でも、その人が幼稚な感情に惑わされることなく、日本の未来を真剣に考えた結果の意見であるならば、それは将来の日本のためになる貴重な意見です。

この記事で批判しているのは、「嫉妬に囚われて幼稚な行動をしている一部の恥ずかしい大人」だけです。

 

 

SNS拡散・ランキングクリックお願いします!励みになります~!
人気ブログブログ村
自適猫
紹介

平凡サラリーマンが仕事ほどほど、ゆる~い生活目指して頑張ります。 仕事、副業、健康、プログラミング、自動化など、色々なネタをブログに書いてます。 少しでも皆様のお役に立てる楽しめる情報を発信できればと考えてます。

カテゴリー: ニュース・時事ネタ タグ: , , , ,