残業は人生の無駄使いですよ。残業代ゼロやサービス残業なんて論外。

【職場人間関係シリーズ】猫は休んで寝るのが仕事②

work-731198_960_720

 

さてさて、有給休暇をしっかり取るのも大事ですが、

日々の無駄な残業時間をなくすのも大事ですね。

 

はっきりと言ってしまえば、残業なんて「人生の無駄使い」なので、

さっさと帰ってテレビでも見ていた方がマシですw

ちなみに、私は今のところ、17ヶ月残業ゼロ記録更新中です!о(ж>▽<)y ☆

 

さらに、残業代ゼロやサービス残業とか、過労死とか。。

論外ですね・・・何が好きでやってるんですかね。

大事な時間を浪費した挙句、わざわざストレスためて、

精神や体調にダメージを与えるとか、ありえないですよ。

 

基本的に、残業が増えてしまう原因は主に2つあると思ってます。

①付き合い残業(or 体育会系精神論経営)

②仕事がいっぱいある(or 人がいない)

 

 

残業が増えてしまう理由。

・残業が増えてしまう理由「①付き合い残業」

まさに愚の骨頂ですな。

いまだに、残業している人=頑張っている人みたいな

誤った認識があるせいでしょうか・・・。

 

周りが残業していようが、忙しそうだろうが、我関せずです。

周りなど気にせずさっさと帰ってしまいましょー!

 

・残業が増えてしまう理由「②仕事がいっぱい」

これもあるにはあるのですが、本当に「仕事がいっぱいある」のでしょうか?

 

有名な理論に、パレートの法則があります。

「20%の労力をかけたものが80%の成果を生む」

「経済において、全体の大部分は、構成する1要素が生み出している」

という説ですね。

 

これと同じで、会社の仕事には無駄な仕事がいっぱいあります

本当にやらなきゃいけない仕事なんて20%しかないわけですね。( ̄▽+ ̄*)

 

以前、顧客との打ち合わせで、

「追加で△△もやらなければいけない」「追加で○○もやらなければいけない」

と、議論になったことがあるんですが、

私はそこで、

「△△も○○もやる必要ありません。現在の作業に注力すべきです。」

「理由は・・うんたらかんたら・・・」

と、提言し、作業自体を却下しました。

 

どうも、日本のサラリーマンは、

自身の作業で100%を目指しがちなのですが、

100%など目指す必要は全くないのです。無駄無駄!

 

20%で充分ビジネスモデルはまわるんですよ。

「黙って手を動かせ!」というアフォ(`×´)な上司は未だにいますが、

動かすなら、手ではなくて口ですなw

効果的な調整・交渉で手を動かす作業を減らす

が正しいやり方と思います。(‘-^*)/

 

 

最後はある程度開き直るしかない。

person-woman-girl-model-large

 

とはいえ、毎回うまく調整・交渉できるとは限らないですよね。(;^_^A

調整に失敗して、仕事が積みあがってしまうことも・・・(死)

 

こんなとき、最後に必要になるのは「開き直り」と思います。

 

「仕事が終わらないから、残業しよう」ではなく、

「仕事が終わらないから、あきらめて帰ろう」が正解です。

 

前にも書きましたが、会社なんて、そんな簡単にクビにはならないですし、

適当にやっとけばいいわけです。

 

前の記事でパレートの法則「20%の労力をかけたものが80%の成果を生む」

の話をしましたが、これは「人」の場合でも同じです。

 

「20%の人が会社の80%の利益を上げている」んですよ。

 

なので、仕事で結果なんて出さなくてもいいんですよ。極端な話。

 

20%の偉い人が頑張ってくれれば、会社としてはOKなんです。ヽ(゚◇゚ )ノ

20%の偉い人達が頑張るモチベーションは、自己拡大欲求。

 

つまり、「出来るやつと思われたい」「上司に評価されたい」・・・

みたいな、見栄・プライド・依存心ですね。

 

彼らには、多いにプライドをくすぐってあげて、頑張っていただきましょー!

で、自分はさっさと家に帰りましょー!

 

 

自適猫
紹介

自由気ままに猫のように頑張っております。 残業は基本ゼロ。有給休暇は完全消化。猫と庄屋に取らぬはない。 趣味と副業・サイドビジネスに猫まっしぐら! お小遣いサイトや商材や競馬や自作ソフトのレビューもやりますo(*^▽^*)o

カテゴリー: 人間関係, 会社・人間関係, 職場・仕事 タグ: , , , , ,

アーカイブ